【動画】OEEを使用して生産性を向上させる

【動画】OEEを使用して生産性を向上させる

【動画】OEEを使用して生産性を向上させる

生産性と効率性を向上させるためにOveral Equipment Effectiveness(OEE)を活用します。Banner Engineeringの製品を使用する事で操作を最適化する事が出来ます。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

製造作業がいつも通りの流れで行われているため、効率的でスムーズに実行しているように思えてしまいます。しかし、本当に効率的に作業が行われているのでしょうか。

ダウンタイムがあれば機械の修理に時間がかかりますよね。部品不足によって生産性が低下してしまうことだって考えられます。

このような事が起きないために、作業のプロセス全体の効率性を常に把握しておく必要があります。

Banner Engineering社の製品であるTL70 Wireless Tower Lights(ワイヤレスタワーライト)、Q45 Part counting sensors(パーツカウンティングセンサー)、またはDXMワイヤレスコントローラーやワイヤレスセンサーを使用して、稼働時間を記録、スループットの検証、そして品質を管理し、総合設備効率(OEE)を計算します。

Overall Equipment Effectiveness(OEE 総合設備効率)は、製造においての生産性を計算します。また、生産喪失の原因を特定し、プロセス改善に関するインサイトを得る事が出来ます。

OEEは、総生産可用性(Availability)、パフォーマンス(Performance)、および品質(Quality)の関数です。

可用性(Availability)は、総生産時間に対する、機械の稼働時間の割合を表しています。

パフォーマンス(Performance)は、理想の生産速度と実際の生産の速度を比較したパーセンテージです。

そして、品質(Quality)は、品質基準を満たすパーセンテージです。

これらの測定値をかけ合わせると、全体の総合設備効率が得られます。

Banner社の、TL70タワーライトは、ワイヤレス接続により、機械が稼働時間と作業中止期間を予測して、可用性とパフォーマンスを計算する事が出来ます。タワーライトにセンサーを配線する事で、どの部品が優れているかなど、品質を把握する事が出来ます。

Banner社のQ45ワイヤレス光電センサーは、インフィードとアウトフィールドをカウントし、機械の状態や生産速度を管理し、生成される良品と不良品の部品をカウントする事が出来ます。生産データは、DXMワイヤレスコントローラに送信されます。データを使用して総合設備率を導き出し、そのデータは記録され、クラウドにデータを送信し、電子メールを作成します。

機械を監視して、稼働時間を向上させます。生産喪失の原因を特定する事によってプロセスを改善します。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
5Gの位置づけ:通信事業者のケーススタディ – 5Gの準備段階にある主要なモバイルデータ事業者の18のプロフ... 世界のIoTに関するレポート公開中