Reko、新しいオートメーション&イノベーション施設のグランドオープニングを祝う

Reko、新しいオートメーション&イノベーション施設のグランドオープニングを祝う
 – 記事

  • オンタリオ州レイクショアのRekoの第3の施設、
  • 産業オートメーションソリューションの機能を拡張
  • Rekoの積極的な成長と多様化計画の一部

Reko International Group Inc.(TSX-V:REKO)は本日、画期的な産業オートメーションソリューションの設計、開発、および構築を目的とした新しい最先端施設の開設を祝いました。
Reko International Groupの一部門であるReko Automationは、新しく建設された48,600 sq.ft.オンタリオ州レイクショアの施設です。Reko Automationは、150フィートの長さの3つのベイ、19フィートの天井、最大30トンのクレーン容量で、大規模なターンキーオートメーションプロジェクトとインダストリー 4.0ソリューションを提供するインフラストラクチャーを構築しました。
Reko InternationalのCEO、Diane Rekoは次のように述べています。

「これは、Rekoの既存の顧客と新たな顧客のための能力を拡大する重要な転換点です。私たちは、新しい技術革新だけでなく、顧客や業界の多様化を含むRekoの成長戦略を持っており、この施設はこの戦略を次のレベルに引き上げることができます。」

RekoはLakeshoreの2つの施設を運営しています。1つは精密機械加工と金属加工、もう1つはツールと金型ソリューションです。この新しい施設は570万ドルの投資で、すべての施設の雇用水準を250以上にまで引き上げます。

Reko Automationの新しい施設のビデオプレビューです

TSXベンチャー取引所またはその規制サービスプロバイダー(TSXベンチャー取引所のポリシーに定義されている)は、本リリースの妥当性または正確性について責任を負うものではありません。

REKO INTERNATIONAL GROUPについて

Reko International Group Inc.(TSX-V:REKO)は、オンタリオ州南西部に位置する多様化した技術主導の製造組織です。専門分野には、ロボットファクトリオートメーションソリューション、重要なクリティカルパーツの精密加工、プラスチック注入、低圧縮音響ツールなどがあります。Rekoは製造を進めることによってコミュニティの強化につながると信じています。

詳細については、(519)727-2147でビジネス開発担当ディレクターのGene Schillingにお問い合わせください。

注釈

  • インダストリー4.0ドイツでは、「第4の産業革命」が進んでいる。工業のデジタル化によって21世紀の製造業の様相を根本的に変え、製造コストを大幅に削減する。インダストリー4.0(Industrie 4.0)と呼ばれるこの巨大プロジェクトにドイツが成功すれば、高コスト国としての悩みは一挙に解消できる。ドイツ連邦政府、州政府、産業界、学界は今、総力を挙げてこのメガ・プロジェクトに取り組んでいる。

原文はこちら: Reko Celebrates Grand Opening of New Automation & Innovation Facility

【IoTレポート】5Gインフラの市場規模、2026年までに337.2億ドルに 世界のIoTに関するレポート公開中