【IoTトレンド】「I&OがIoTで演じる4つの新たな役割」など最新のリスト記事まとめ

IoTトレンド】「I&OがIoTで演じる4つの新たな役割」など最新のリスト記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

I&OがIoTで演じる4つの新たな役割

IoTプロジェクトを成功させる為には、3つのエリアでの総括的な組織的アプローチが必要になります。
インフラ及びオペレーション(I&O) - 統合、コミュニケーション解析、基礎的インフラを提供
ビジネス(LOBs)- ゴール設定及びリソースの割り当て
オペレーションチーム - プロダクトデザイン及び機能性
IoTに取り組む上で、I&Oチームが取るべき役割は4つあります。それらは:

  1. 他チームの責任分野に関しては、バイスタンダーであること
  2. ポストパイロットステージにおいてはオペレーターの役割を担うこと
  3. インプレメンターであること
  4. ドライバーであること

です。

話題の元記事はこちら: 4 New Roles That I&O Plays in IoT

企業のためのIoTデバイスマネジメントのベスト4カテゴリー

IoTデバイスマネジメント(IoT DM)とは、IoTアセットのデプロイメントと継続したメンテナンスを伴う、デバイスのライフサイクル機能性の提供のことを指します。企業はこのIoT DMを、その企業活動の様々なクリティカルな分野で活用しています。その為その企業にとって最適なIoT DMを選択する為の4つのカテゴリーは以下のようなものです。

  1. 各分野での統合を、支障なく行うことが出来るプラットフォームを選択する。
  2. デプロイメントと継続的なメンテナンスのために、秀逸なライフスタイル・マネジメント機能を持つプラットフォームを選択する。
  3. 適切なアーキテクチャとセキュリティデルを持つプラットフォームを選択する。
  4. IoT DM提供企業自身にきちんと実行されたビジネス戦略があること。

話題の元記事はこちら: 4 criteria enterprises use to pick best-in-class IoT device management

IoT World 2018 - 4つの鍵

サンタクララで開催されたIoT World 2018では、数千もの組織や出席者、キーノートスピーカー、数百のスタートアップなどが一堂に会しました。
今回のイベントの4つの重要な鍵は以下のものです。

  1. データパワー - UPSのCIO件CEng.O、Juan PerezはIoTデータを有効に活用することで、いかにUPSが経費削減に成功したかを紹介しました。
  2. IoTエコシステムの構築 - イベントのメインスポンサーのうちの一社で、グローバルなテクノロジー会社のAvnetが、統一された環境を構築し、IoTエコシステムを創造する事の重要性をかたりました。
  3. IoTと他のテクノロジー間のシナジーの重要性 - 例えばIoTとセキュリティシステム、ブロックチェーンAI、無人自動車や半導体など
  4. 市場の拡大 - 近年、特にアジアでのIoT市場の拡大

話題の元記事はこちら: 4 Key Takeaways from IoT World 2018 | IoT For All

次のIoTアプリを構築する為に役立つ5つのデベロッパーツール

IoTの成長は目覚しいもので、このポテンシャルは私企業や公共の分野に関わらず、大きなものです。スマートイノベーションの台頭に伴い、人々は自分のデバイスがインターネットに接続されていることの重要性を認識し、私たちの生活が豊かになることを期待するようになりました。
時流に乗ったアプリを構築しようとしている人たちのために、オープンソースで役に立つツールを紹介します。

  1. Arduino - プロトタイピング・プラットフォーム。インターアクティブな電子機器のためにハードウェアのスペックとIDEを含むソフトウェア及びArudinoプログラミング言語を提供
  2. Home Assistant - 人々の生活空間とインターネットのコネクティビティを設立させようとしているデベロッパーにとって有用
  3. Node-RED - デベロッパーが、デバイス、サービス、APIを統合されたブラウザーベースのフローエディターを介して接続することを可能にする
  4. Zetta - サーバーベースのプラットフォームで、様々なブランドのデバイスをAPIsにコンバートする
  5. Flutter - 電子プロジェクトの複雑性を簡易化する

話題の元記事はこちら: 5 Developer Tools to Build Your Next IoT App – DZone IoT

IoT関連銘柄は、今が買い時

株の人気銘柄というのは、その時々によって異なるものです。現在勢い良く伸びている買い時の業界がIoTテクノロジー関連株です。
スタートアップ企業に詳しいMattermarkによれば、IoT企業のトップ100社のうち52社は、サンフランシスコベイエリアに拠点を置いているということです。又、IoTの分野でフランスのスタートアップが160社を占めています。
ベンチャースキャナー社によれば、IoTソフトウェアプラットフォーム関連企業がIoT分野では一番活発な動きを見せており、8つのIPOと39の合併が記録されています。
Intel、Qualcomm、Cisco、GEやSamsungなどの巨大企業もIoT分野に巨額の投資を行っています。
現状で、IoT業界に対する投資を行う際に最良の方法は、新しいテクノロジーの創設に巨額の投資を必要としている大企業の株に投資することです。

話題の元記事はこちら: 3 Strong IoT Stocks to Buy – Cabot Wealth Network

IoTセンサーの世界市場の概要と動向を分析し、主要な推進要因と地域の動向、業界内の最新動向を説明 世界のIoTに関するレポート公開中