【動画】Let’s talk IoT – NB-IoTネットワークとシステム性能をテストする方法

【動画】Let’s talk IoTNB-IoTネットワークとシステム性能をテストする方法

このビデオは、NB-IoTネットワークのテスト方法について説明しています。ビデオでは主に、ネットワークパフォーマンスとシステムパフォーマンスについての説明をしています。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

今回のビデオでは、IoTに関する事をお話ししていきます。今回は、ナローバンドIoT(NB-IoT)デバイスについてです。

それでは、いくつかのスライドを見てみましょう。

モバイルネットワークテストでは、NB-IoTデバイスを使用しており、主に3つの分野があります。

3つというのは、無線周波数の範囲、ネットワークパフォーマンス、そして、サービスパフォーマンスです

まず最初に無線周波数の範囲は、十分なカバレッジがあるかを確認します。

次のステップは、ネットワークパフォーマンスです。最適な方法でネットワークをアクセスする事が出来るか、を確認します。

最後に、サービスパフォーマンスです。提供されるサービス品質や機械の状態はどうでしょうか?

無線周波数の範囲は、ダウンリンクとアップリンクの2つが存在します。

ダウンリンクカバレッジはNB-IoTサービスの可用性の基本となります。ダウンリンクカバレッジがなければ、可用性はありません。

この主要指標は、受信電力(NRSRP)、受信品質(NRSRQ)、そして干渉レベル(NSINR)です。

画面上には、インターフェイスの例となるものが表示されています。

ダウンリンクカバレッジだけではなく、アップリンクカバレッジももちろんあります。

アップリンクカバレッジでは、RACHの成功、送信電力(Tx Power)、そして反復メッセージ(CE)があります。

画面上には、アクセスを試行したリストが表示されています。

次のステップは、ネットワークパフォーマンスです。

ネットワークパフォーマンスは容量と品質に重点を置いてネットワークを最適化し、調整します。

この主要指標は、ネットワークアクセスの手順、UIの効率性、そしてネットワークとUIのリソースの活用です。

再び、画面上には電力の消費のリストのユーザーインターフェイスが表示されています。

最後に、サービスパフォーマンスです。
Ping、HTTP、FTPなどの基本データサービスのアプリケーションのパフォーマンスを示しています。

この主要指標は、成功率、セットアップと転送の時間、そしてPingパケットのユーザーデータ率とレイテンシです。そして、画面にはサービスパフォーマンスの統計のユーザーインターフェイスが表示されています。

では、このビデオのまとめに入りましょう。NB-IoTデバイスでは、無線周波数の範囲、ネットワークパフォーマンス、そして、サービスパフォーマンスの3つの分野について紹介しました。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
成長が見込まれる消費者向けAIアプリケーション。2016年から2025年のAIハードウェア、ソフトウェア、サービスの市場... 世界のIoTに関するレポート公開中