【IoTトレンド】「100年後のIoTソリューションの」など最新の解説記事まとめ

IoTトレンド】「100年後のIoTソリューションの」など最新の解説記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

IoTに欠けているもの

今年こそが、IoTが爆発的に浸透する一年になるといわれていましたが、今のところそれはまだ起きていないようです。Gartnerの予測によれば、2020年までには200億ものデバイスがインターネットに接続されるということですが、これは全てのセクターで消費者とリアルタイムでの交信を望む企業をカバーするものになるでしょう。
しかし、現実と理想の間には明らかな壁が存在します。例えば明確な規格が制定されていないこともその一つです。
同様に、収集・発信されるデータの多様性も修正される必要があります。IoTはとても多岐にわたるので、車や家から、ドアベルや卵のトレーなどあらゆるものに利用されていますが、デバイス同士の交信などには制限があり、個々のデバイスが夫々異なるアプリを利用して稼動しているような状態です。
また、デジタル時代を迎え、企業にもデジタル化が求められています。これを可能にするには、ハードウェアとコネクティビティだけでは充分ではありません。規模に対応できるソフトウェアが必要になります。

話題の元記事はこちら: What the Internet of Things Is Missing – DZone IoT

100年後のIoTソリューションの姿

IoTは静かに、しかし確実に私たちの暮らしに入り込んできていますが、私たちはまだまだその真の姿を理解できていないようです。
IoTソリューションの会議関係者は、2017年に「過去3年の間に出席者の数は20倍に膨れ上がった」、と語りました。
ほとんどのITデベロップメント企業は、IoT開発アプリのどこかの部分に関わっています。
IoTソリューションの未来を予測することは大変難しいことですが、一つ確かなことは、進化のスピードがとても速いので、未来のインターネットは現在のものとは似ても似つかないだろうということです。将来的には、ガジェットやアプリはウェブベースで、トップスマホアプリメーカーによって作り出されるようになるでしょう。そのような時代がやって来ても、依然として将来のインターネットには高いセキュリティが必要とされることでしょう。

話題の元記事はこちら: What Will Internet Of Things Solutions Be Like In 100 Years

飼料の分野でのIoTの役割

酪農家や牛の生産者は、コネクテッドテクノロジーを利用して、トラッキングを行ったり、飼料の減り具合や栄養素の詳細などをチェックすることに強い興味を示しています。
アグリテクノロジーのマーケティングメーカー、Alpha Brownは先月、家畜生産分野でのIoTの利用に関する可能性のレポートを発表しました。
この調査の目的は、生産者のニーズを探り、この業界でIoTにどの様なニーズがあるのかを明らかにすることでした。
1600以上の農家や酪農家を調査対象とし、彼らのテクノロジーの利用状況や、希望を抽出しました。調査の結果、多くの調査対象がIoTのような技術を導入することに興味を持っていることが分かりました。
農家・酪農家の規模としては中規模の事業主に一番のポテンシャルがあるようです。
しかし、調査対象の中でこのようなテクノロジーの知識が少しでもあると応えた人は、全体の10%強にしか過ぎませんでした。

話題の元記事はこちら: What role exists for IoT technologies in the feed industry?

ブロックチェーンの価値

ブロックチェーンは、パワフルな能力を持ち、IoTマーケットプレースの可能性の鍵を握るものです。ブロックチェーンを利用すれば、ステークホルダーでけにデータアクセス権が与えられ、暗号化によりセキュリティが守られ、全ての取引・やり取りの透明化が図れます。
ディストリビューテッド・レッジャーテクノロジーとして、ブロックチェーンは様々なフィールドで活用することが出来ます。このようなマーケットプレースの一つが、IoTデータの販売です。現在、ブロックチェーン・テクノロジーを搭載して、実際にデータ・マーケットプレースを生み出す試みに大きな関心が集まっています。

話題の元記事はこちら: What is the Value of Blockchain? Enabling the IoT Data Marketplace

IoTにおけるクラウドコンピューティングの役割

IoTは徐々に日常のあれこれの仕組みを変革しています。家に帰り着く前に、スマホからエアコンのスイッチを入れることが出来るスマートホームなどはその良い例ですが、私たちの日々の暮らし以外にも、IoTは様々な業界でビジネスツールとして活用されています。
しかし、IoTによって大量のデータが生み出されることで、インターネットインフラに多大な負担をかけています。これがビジネスや組織にこの負担を軽減する方法を模索する方向に向かわせました。これが、クラウドコンピューティングです。今日では、クラウドコンピューティングはITの主流となり、AmazonやAlibaba、GoogleOracleなどの大手は、クラウドテクノロジーを使ってマシーンラーニングツールを構築し、世界中でビジネスソリューションを提供しています。IoT成功の鍵はクラウドコンピューティングが握っているといっても過言ではありません。

話題の元記事はこちら: What is the role of cloud computing in IoT?

5Gとクラウド技術がモバイルネットワーク事業者に大きなメリットをもたらす。IoTをサポートする5G技術とソリューションに... 世界のIoTに関するレポート公開中