【IoTトレンド】「Azure IoT Hub自動デバイス・コンフィグレーション」など最新の動画記事まとめ

【IoTトレンド】「Azure IoT Hub自動デバイス・コンフィグレーション」など最新の動画記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

IoTコミュニケーションの民主化 - イノベーションジャパン

イノベーションを通して、日本は世界が抱える様々な課題にソリューションを提供しています。
企業がIoTを製品や事業に活用しようとする時、大きな初期投資が課題となってきました。
この課題を解消した日本のベンチャー企業に大きな関心が集まっています。
この会社は、スタートアップや少人数の資金に限りのある企業が賄うことのできるIoTシステムを開発しました。モバイルデータ・コミュニケーションテクノロジーを再デザインしたのです。
IoTコミュニケーションシステムの構築が高価なのは、専用のコアシステムをゼロから作らなくてはならないからです。この会社は、テレコムコアシステムをクラウドベースのソフトウェアで代用することに成功しました。たとえデータが大量のデバイスから送信されても、クラウド内で管理することが出来ます。このシステムはコネクションコストを大幅に削減することに成功しました。

話題の元記事はこちら: Innovation Japan : The Democratization Of IoT Communication

製造業と公共事業の分野でIoTソリューションを統合するCOPA-DATAの取組み

IoTソリューションを特定の産業の製造過程に取り入れるには、その産業についての深い理解のみならず、クラウドとデバイステクノロジーへの理解も必要となります。更にその企業の手続きに関する高度なデジタルかも必要となります。
今日のIoTショーでは、我々のエリートパートナーCOPA-DATAのJohannes Petrowischを迎え、同社が製造業や公共事業に対して、Azure IoTテクノロジーを産業用ソフトウェアプラットフォーム・ゼオンと統合した経験をシェアしてもらいます。

話題の元記事はこちら: CopaData tells us about integrating IoT solutions in manufacturing and public sector

Azure IoT Hub自動デバイス・コンフィグレーション

デバイス管理は、とても複雑です。特にIoTデバイスの多様で不均質な性質を考慮すると、IoTソリューションの管理は難しいものです。
Device TwinsとDevice Direct Methodsプリミティブ上に構築される、IoT HubをフィーチャーしたAutomatic Device Configurationは、Azureの適用範囲内のスケールでIoTデバイスをコンフィグする簡単な方法を可能にしました。
今日はAzure IoTチームのプロジェクトマネジャー、Chris Greenが最新のフィーチャーを紹介します。

話題の元記事はこちら: Azure IoT Hub automatic device configuration

World IoT Dayムンバイ

毎年その規模を拡大しているWorld IoT Dayムンバイですが、今年のテーマはダイバーシティです。
ジョブトレーニング、インフラ、高齢者対応などなど、その核になるアイディアは、アウェアネスを拡散し、異なる産業が直面している主要な課題にアドレスすることです。
今年のキーノートには、インドのスマートシティへの取組み、企業のデジタル化への挑戦、などが含まれています。

話題の元記事はこちら: World IoT Day 2018 Mumbai YUPS Tech

Trusted社がロバストIoTデバイスを提供

Trusted社はデンマークを拠点として、GPSトラッキングを行うIoTスーマートデバイスを製造しています。
最新型の小型トラッカーが業界での注目を集めています。マテリアルが使用されたかどうかを追跡して、そのデータを送信します。クラウドベースのソリューションなので、現場にいなくても世界中どこでもデータにアクセスすることが出来ます。

話題の元記事はこちら: Trusted Offers Robust IoT Devices