2018年に採用する4つのスマートファクトリーのトレンド

2018年に採用する4つのスマートファクトリーのトレンド

効率化は、製造業および産業の成功のために常に重要になっています。 そのことから、スマートテクノロジーを採用した、もしくは、少なくとも今年採用することを検討している企業が増えているためです。

自動化、メトリクス駆動型のソフトウェア・スイートおよびその他のハイテクソリューションは、品質管理を向上させ、作業者の疲労を軽減する両方の利点があり、満足したステークホルダーをもたらす傾向があります。

1.より安全に作業をするためのインターネット接続デバイス

アナリストたちは、モノのインターネット(IoT)は産業分野で大きな可能性を秘めていると考えています。 ショップフロアのWi-Fi対応センサーは、損失防止戦略をサポートする情報を提供することで在庫管理を支援します。

さらに、一部の労働者は危険な環境でより安全でいるためにIoTデバイスを着用しています。North Star BlueScope Steel ― 北米、ニュージーランドオーストラリアの建築業者向けの材料を製造する会社 ― IBMと提携し、リスクを測定するIoTデバイスを調査しています。 ウェアラブルは従業員のヘルメットとリストバンドに埋め込まれ、安全手順に従っていない、または従業員の健康を損なう可能性のある作業が行われている時に、スーパーバイザーにデータを送信します。

2016年Liberty Mutual Workplace Safety Indexに掲載された統計によると、雇用に関連した事故は、米国に拠点を置く企業に年間約620億ドルの費用がかかることを示しています。 事故防止のためにIoTデバイスに投資する工場管理者は、リスクを軽減しながら収益を支えるため行動をしています。 これらの取り組みがうまくいけば、他の産業用アプリケーションにも容易にIoT技術を使用することができます。

2.予知保全対策

通常、予想外の故障は、効率の良い工場では非常にコストがかかります。数分の遅れでさえ、数秒で数万ドルのコストがかかることがあります。 世界各地の工場を持つグローバル企業にとってはますます困難になっています。

しかし、それらの多くは、生産レベルを妨げる可能性のある予期しない問題を減らすために予測メンテナンスに投資してきました。 アプリケーションはクライアントのニーズによって異なりますが、一般的には、破損しやすい部品にセンサーを使用する方法があります。 また、アナリティクス・スイートは、運用管理者にパフォーマンスや潜在的な問題に関するリアルタイムの統計情報を提供します。

フォークリフトおよび空中作業プラットフォームを製造するベルギーの会社であるTVHは、172カ国の25,000以上の顧客にサービスを提供しています。 その産業フリートの問題は、その評判に悪影響を及ぼし、コストを押し上げる可能性があることを知っていました。 そこで、TVHはIoTセンサーを使用して将来の故障を予測し始めました。 問題を検出することに加えて、技術は最寄りのサービス技術者を探し出し、その技術者が故障した機器に到達するための最善のルートを特定します。

TVHは、予測的な保守措置により、保守費用を最大30%節約できることを報告しています。 また、マシンの稼働時間の割合も高くなっています。

3.繰り返しタスクの自動化

アナリストは、機関が今年のオートメーションの増加を見ているという強力な証拠があると信じています。 巨額の契約を受け入れるために必要な労働力があることを証明できる企業は、クライアントのニーズを満たし、競争力を維持するために、予想以上に達成できると考えています。 自動化は、作業者の負担やミス、均一性の欠如を避けるため、反復作業に特に役立ちます。

ほとんどの場合、自動化は人間の取り組みに取って代わるものではなく、補完しています。 精密金型と射出成形部品を専門とするダイナミック・グループは、射出成形の生産ニーズを満たすことが困難であり、自動化支援のためにロボットに転向していました。このプロジェクトは、熱に敏感な部品を備えた医療機器のためのものであり、適切な結果を得るには各部品のサイクル時間が一貫していなければなりませんでした。 そのニーズを満たすために、同社は、3つの異なる生産能力のコラボレーション・ロボットに頼り、人間の労働力の規模を縮小しながら生産能力を3倍にしました。

4.データの可視化

場合によっては、業界の管理者は、プロセスに障害があることに気付きますが、解決方法がわからないことがあります。 しかし、長期的な非効率性が気付かず、生産性に劇的な影響を与える場合もあります。

日本の物理・化学機器を製造する島津製作所は、生産ラインの問題点は特定することが難しく、解決しにくいことに気づきました。 これらの既知の負担を緩和するために、同社は生産ライン・プロセスのグラフィック表現を提供するプラットフォームを使用し、担当リーダーが進捗状況を監視し、制限事項を強調表示できるようにしました。

最先端のデータ・ビジュアリゼーション・プラットフォームを使用した6ヵ月後、島津製作所の代表者は、生産時間を320時間短縮し、生産性を15%向上させると発表しました。 さらに、同社は全体的な業務の視点が以前よりも豊富であり、一つの要素ではなく複数の工場コンポーネントを分析できると述べています。

工場所有者やその他の製造業の専門家の中には、新技術を採用することを躊躇している人がいます。 しかし、上記のケーススタディは、2018年がスマート技術を実装意思を決定するすばらしい年であるという確固たる証拠を豊富に提供しています。 企業が限られた範囲でテクノロジーを追加し始めたら、必要に応じて予算を立てることができるようになり、スケールアップが容易になるはずです。

原文はこちら:4 Smart Factory Trends To Adopt In 2018

【IoTレポート】トップインダストリアルロボティクス、トップサービスロボットによるトップロボット市場 – 2... 世界のIoTに関するレポート公開中