【IoTトレンド】「IoTプロジェクトのデータベースを選択する方法」など最新のハウツー記事まとめ

【IoTトレンド】「IoTプロジェクトのデータベースを選択する方法」など最新のハウツー記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

Amazon VS MicrosoftクラウドでIoTベストプライスをゲットする方法

IoT開発を考える際には、クラウド上で構築するのが一般的です。エラスティック・コンピュートや、高度な解析力から、クラウドはエンタープライズIoTに適しています。
今日、この分野のビック3は、Amazon Web Service (AWS)、Microsoft AzureそしてGoogle Cloudです。これらは全て類似のフィーチャーと能力を備えています。
最新の451の研究者を対象とした調査では、コスト削減の観点からは、AWS IoT CoreとMicrosoft Azure IoT Hub最適だという結果が出ています。IoT開発スケールを加味した場合では、20,000デバイスまでの開発規模であれば、回答者の78%がMicrosoft Azureが最も安価であると回答しています。しかし、60KBまでの巨大プロジェクトになるとこの数字は51%まで下がります。
通信頻度を考慮した場合では、一日7,000までのカテゴリーでは、76%の場合でAWSが安価であるとの結果が出ています。
安価であると共に、AWSとAzureは開発者に最も好まれるIoTクラウドだという結果も出ています。調査対象の52%程度がAWSを好むと答え、Azureを好むと応えたのは20%弱でした。

話題の元記事はこちら: Amazon vs Microsoft: How to get the best price for IoT in the cloud

IoTプロジェクトのデータベースを選択する方法

IoTプロジェクトを始動する際には、セキュリティやコネクティビティなど多くの事柄を考慮する必要がありますが、しばしば後になってから課題となるのが、データ管理です。データ管理を決定する際に考慮するべきことを紹介します。
― IoTデータベースを使うのか、従来型のERP、CRM、CMSなどのアプリ型データベースを使うのか
― トランズアクションスピードとそのタイプ
― ハードウェアとネットワークの制約
― データバリューチェーン、意思決定と解析
IoTにとって何が必要かといえば、大容量のデータを収集し、複雑な解析を行い、直接エッジにデプロイすることが出来るHTAPデータベースです。

話題の元記事はこちら: How to Pick a Database for your IoT Project

最強のIoTビジネスモデルを選択する方法

IoTの可能性は膨大ですが、企業はまだ、どこから取り掛かるべきかと言う所でうろうろしています。360のIoTプロフェッショナルを対象とした最近の調査結果を紹介します。
IoTに関するディレンマ(その利益と課題)では、クオリティオブライフの向上、より深いビジネスへの理解、新しいサービスなどに期待をかけている一方、半数以上が明確な利用目的が不明だと感じており、半数近くの回答者はセキュリティやインフラが整っていないことを課題だと感じています。又回答者の3分の1は充分な予算が無いことも懸念しています。
企業がIoTを採用する際の優先事項としては、IoTのビジネスへの利点を可視化し、理解することが最優先だと考えています。
IoTを採用することで収益・費用が発生する分野としては、付加価値サービス、セキュリティコスト、開発費用などが挙げられています。
又、データ解析やセキュリティの専門家への需要の高まりも予測されます。

話題の元記事はこちら: How to pick a winning IoT business model – Infographic

デジタル化の波 - どのようにしてIoTを活用したビジネスを行うか

グローバル規模でデジタル化を統合しようという試みは、多くの政府を10年20年後を見据えたアクセラプログラムの構築に取り組ませています。Novotekの取締役社長George Walkerが企業のデジタル化の重要性を解説します。
システムをよりスマートに強固にすることの重要性は、企業だけでなくドイツ、スウェーデン、英国などの政府からも強い関心を引き出しました。デジタルインフラは企業や国が将来に渡って成長を持続する為の鍵だと考えられています。
しかし、同時にビジネスがデジタルトランスフォーメーションに躊躇する一番の理由は、車内での経験者不足です。この問題を解消する為に、GEはクラウドベースのプラットフォーム、Predixを開発しました。

話題の元記事はこちら: Digitalising ahead of 2030 – IoT Now – How to run an IoT enabled business

IoTとクラウド - スケーラブルネットワークを構築する方法

2020年に予測されるIoTサービスとアプリ市場の規模は、サービスとIoTアプリ分野がそれぞれ600億ユーロ、コネクテッド・シングスの分野が500億ユーロ、通信分野が250億ユーロ、解析とセキュリティ分野がおのおの200億ユーロに上ると予測されています。
Azureの機能を最大限に活用して、スケーラブルIoTネットワークを構築する方法を紹介します。
例として、装着型ヘルスモニターとAzure IoT Suiteを使います。
Azureは、ストリーム解析、マシーンラーニング、データストレージ及びプロセス機能を備えています。Azureは又、どの様なIoTプロジェクトにも活用できます。
しかし、実際にプロジェクトを始動させる前に、社内の全てのステークホルダーの合意を得、起きることが想定される課題を全て洗い出し、アーキテクチャを最適化し、パフォーマンスをモニタリングすることが必要です。

話題の元記事はこちら: IoT in the Cloud: How to Build a Scalable Network [2018 Case Study]

【IoTトレンド】「IoTプロジェクトのデータベースを選択する方法」など最新のハウツー記事まとめ 世界のIoTに関するレポート公開中