【動画】5Gを使用した、クラウドベースのサービスがIndusry 4.0で利用可能に

動画5Gを使用した、クラウドベースのサービスがIndusry 4.0で利用可能に

Huaweiの所長で、Shanghai Tongji Universityの教授であるJürgenGrotepass博士は、スマートマニュファクチャリング向けの5Gアプリケーションを紹介します。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

過去4年間を比べてみると、スマートマニュファクチャリング向けの5Gアプリケーションの展開の速さに驚きます。

新しい製品をいち早く製造業者に届けています。

1ミリ秒単位で短いレイテンシでエンドツーエンドの接続を可能にするサービス品質が提供されます。

ここで見られる製品やアプリケーションは、Industry 4.0をさらにレベルアップさせる事ができ、自動化を進めるためのものが多くあります。

企業向けでロボットが作業する為のクラウドベースのソリューションが主に展示されており、ZTE 5Gなどの様々な業界が新しいアプリケーションに貢献しています。

Huaweiのブースで見られる製品は、クラウド内のPSEをロボットに使用しています。ロボットはクラウドから制御されており、ボールのバランスをとっています。

レイテンシは2ミリ秒台に収まっており、従来はクラウドからこの速さで行うのは不可能でした。

ここではとても珍しい製品などを見ることが出来ます。モバイルネットワークは、Industry 4.0と結びついているのでスマートマニュファクチャリングには欠かせない事が分かります。そして、新しいソリューションが誕生するのです。

今回は、ドイツの経済産業省のPeter Altmaierが5Gソリューションを搭載したロボットを見学しに来ました。

機械がネットに接続されている場合、エンジニアリングを行うことが出来ます。西洋を東洋と繋げ、協力する事が簡単になりとても喜ばしい限りです。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

関連記事はこちら:【動画】Analytics(解析技術)IoTを使い、乗り物をネットに繋げる