CloudMinds、産業界ユーザーを支援するためのSBRHのロボットの改善案とは?

CloudMinds、産業界ユーザーを支援するためのSBRHのロボットの改善案とは? – 記事

AIは技術革新のさなかにあり、続いてインターネットとのからみが登場するはずです。そのため、プロセスにAIを導入している企業は、事業が成功する可能性が高くなります。GoogleMicrosoft、Amazonなどのコマーシャルリーダーは既にAIを活用していますが、一方では多くのAI unicornが登場しており、市場で差別化できるように「課題を克服」する努力をしています。

しかし、今 業界全体がどのようにしたら適切なのかAIを取り入れる方法を尋ねているのです

チップからアルゴリズムまで、またクラウドからオフラインまで、AI系製品とサービスはあらゆる形態で提供されています。多くの企業は、AIを導入する際の進め方を理解していません。unicornはこの問題を巧みに解決することができ、工業界の顧客がロボットを介してAIを迅速に展開できるようにしたいと考えています。このunicornは、CloudMinds(クラウドマインド)であり、SoftBank、Foxconn、China Mobile、中日友好病院などの国内外の企業との緊密なパートナーシップを結んでいます。このようにCloudMindsのソリューションは、業界全体で優れた評判を築いてきました。

一方で、ロボット工学を深く理解している企業が集まり協力しつつあります

AIの展開では、ロボットが最適なソリューションとなっています。CloudMindsは「クラウドスマートロボット」ソリューションで世界的に有名で、いくつかのパートナーと既に緊密に協力しています。ロボティクスとAI技術に関する深い知識を培ってきたSoftBank Robotics Holdings(SBRH)は、そのパートナーです。SBRHは2012年初めにソフトバンクによって設立されました。その後、AlibabaとFoxconnはSBRHに投資し、合弁企業に強力なロボット生産能力と広大な商業開発チャネルを装備しました。SBRHのヒューマノイドロボットペッパーは、さまざまな新しい小売シナリオで広く使用されており、市場で最も高度なAI製品の1つになっています。AIの人気が高まるにつれて、SBRHはCloudMindsと提携し、ペッパーの一連の機能に「クラウドスマート」機能を追加しながら、他の高度な機能を維持してよりスマートロボットクラウドペッパーを作り出しました。

スマートロボットクラウドペッパーとは

クラウドペッパーについて簡単に説明すると、その「脳」はクラウドの中にあります。身体はモバイル高速ネットワークを介して脳に接続され、AIはその活動を遠隔で管理できます。このように機能を構造化することにより、AI機能はローカルハードウェアと完全に分離され、ローカルハードウェアによって制限されません。大規模なクラウドデータベースはクラウドペッパーに権限を与えられます。実用的なアプリケーションでは、クラウドペッパーは頭の中にある4つのマイクロホンアレイを介してシナリオ内の音源を位置付け、識別し、中国語と英語のさまざまな指示を簡単に処理できます。スマートAIデータベースは、人間の増強されたロボットインテリジェンス(HARI)プラットフォームを使用して、イベント時のサイト利用可能性に関する質問に正確に答えたり、天気予報を提供したり、現在の交通状況を更新するなどが挙げることができます 。独自のフェースと物体認識システムは、複数のフェースを同時に識別するだけでなく、何百もの物体をインテリジェントに識別することができます。

CloudMindsは市場での地位を確立するためにいくつかのステップを踏んで完成しています

CloudMindsは、SBRHに加えて、Foxconn、China Mobile、中日友好病院などいくつかの企業と提携し、AI拡張ロボットの展開を促進しています。市場全体を見ると、ロボット技術は現在、産業と技術の両方の変革の鍵を握っています。ロボットが次の大きなブレークスルーになるというコンセンサスを創造しました。CloudMindsの「クラウドスマートロボット」ソリューションは、ロボットをプロセスに迅速に統合する必要のある企業にとって理想的です。CloudMindsは、業界全体の主要課題に直接対処するために、独自の中核的な競争力を包括的に作成するためにいくつかのステップを踏んでいるため、「クラウドスマートロボット」ソリューションはすべての業界で広く認められています。CloudMindsは、既存のインターネットとは完全に独立した、安全で強力なロボットネットワークインフラストラクチャSkynetを作成しました。Skynetは、SDN(ソフトウェア定義のネットワーク)技術とSDP(ソフトウェア定義の境界)技術を使用して、高度に安全で高性能なバックボーンネットワークを確立することにより、すべてのプレーヤーのセキュリティ問題を効果的に解決します。

CloudMindsで何ができるのか、何を期待すべきか

CloudMindsはデュアルチップと仮想化技術に基づく世界初のクラウドスマート接続端末、AIモバイルを研究開発しました。AIアプリケーションは、この装置構成を介して適応型ロボットを起動し、各ロボットにスマートな「心臓」を与えます。さらに、CloudMindsが開発したHARIアーキテクチャの「クラウドスマートサービス」は、フロントエンドにデータ分析、画像(フェース)、音声認識など、さまざまなクラウドスマートサービスを提供するヒューマンマシンインテリジェンスを組み合わせています。このアーキテクチャは機械インテリジェンスの深い知識を習得し、導入後のロボットの能力を大幅に向上させます。クラウド系脳とニューラルネットワークと端末を組み合わせることにより、CloudMindsはオープンな「クラウドスマートロボット」エコシステムを持つ産業ユーザーにサービスを提供し、多くの業界がAIをよりよく受け入れることを支援します。CloudMindsの創業者であるHuang Xiaoqingは次のように述べています。

「将来的にはプラットフォームソリューションを提供することを楽しみにしています。これらのソリューションに基づいて、開発者、ソフトウェアサプライヤとデータプロバイダ、将来の商用アプリケーションでは、可能性のある豊富なシナリオアプリケーションを備えたセキュリティとAIが、サービスロボット時代の到来を促しています。」

原文はこちら: To assist industrial users, how will CloudMinds make SBRH’s robots smarter?

【IoTレポート】産業用インターネット(IIoT)とコネクティッドマニュファクチャリング:主要なIIoT技術、アプリケー... 世界のIoTに関するレポート公開中