【動画】Easy Industry 4.0 KUKA スマートファクトリー@Hannover Fair 2018

【動画】Easy Industry 4.0 KUKA スマートファクトリー@Hannover Fair 2018

【動画】Easy Industry 4.0 KUKA スマートファクトリー@Hannover Fair 2018

KUKAのスマートファクトリソリューションを使うことのメリットを紹介しています。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

KUKAのブース内のこのスマートファクトリは5日間で建設されました。

元々の部品をKR AGILUSのカスタマイズされたモデルに組み立てられます。

この工場は、KUKAの全ポートフォリオとサードパーティの機械間で統合された技術を採用しています。

Swisslog logistics、産業用ロボット、2Dレーザー彫刻、ready_2use ソリューション、生産用ソフトウェア、そしてクラウドソリューションなどの技術が採用されています。

これは、デジタル化されたIndustry 4.0の生産ソリューションと製造プロセスのデモンストレーションが行われています。

Webアプリケーションを介して注文するとロボットモデルを個別に特注する事が出来ます。

顧客は主要な製造工程を画面上で見ることができます。

スマートファクトリは、KUKAがIndustry 4.0の技術をアピールするだけではなく、Industry 4.0を実現化させる事に注力しています。

今年は、KUKAのIIoTエンジニアリングソリューションに力を入れており、KUKAのIndustry 4.0ソリューションは直感的なユーザーインターフェイスに統合しています。

KUKA Connect、Swisslog SynQ、KUKA Smart Production_monitoring、そしてKUKA Xpertなどが、それに当てはまります。

Devie Insight社とconnyun社はIoTプラットフォームソリューションを使用しています。

このシステムにより、サードパーティ製のアプリケーションを同じシングルサインオンに組み合わせる事が可能になり、店舗内での接続が簡単になります。

KUKAのIIoTソリューションはデータ駆動型の改善を容易にするための正確なプロセスを提供します。

ODC、ERP、SCADA、MESなどを使い主要な産業データ出力を解析出来ます。

IIoTソリューションを使用すれば、インターネット接続さえあればいつでも工場のデータにアクセスする事が出来ます。適切な時間と場所で適切な人に適切な情報を提供する事が大事です。

解析をする事によって、可用性、パフォーマンス、品質、OEE、データ駆動型予測、警告、そして予測メンテナンスなどのKPIを視覚化する事が出来ます。

アラームプロファイルを設定する事で、通知をカスタマイズしてダウンタイムを短縮する事も出来ます。

システムは、機械学習に対応しています。

そして、オープンプラットフォームにより、どんなデベロッパーもアクセスする事が出来ます。

Industry 4.0、そしてKUKAの事を考えて下さい。KUKAはあなたの工場をより効率的にします。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
北米の近接センサー市場、2018年までに12億3000万ドルに達する見込み。その市場動向と分析 世界のIoTに関するレポート公開中