【日本海外事例集】産業と企業のIoTソリューション開発のため 英国のBTと日立が提携

産業と企業のIoTソリューション開発のため 英国のBTと日立が提携 – 記事

最初の焦点は資産インテリジェンスと予知保全ユースケース

通信サービスとソリューションの世界的大手プロバイダーの1つであるBTは、株式会社日立製作所(以下、日立)の子会社であるHitachi Vantara (TSE: 6501)と本日、産業用および企業向けインターネット(IoT)の分野で、革新的なソリューションを共同開発するためのグローバルな提携を発表しました。この提携は、より高い効率、生産性、コスト削減など、グローバルな顧客のビジネス成果を向上させることを目指しています。同社は、まず、資産インテリジェンスと予知保全ソリューションの探索と設計に焦点を当て、製造業や輸送業などの業種の顧客が望んでいる結果を提供します。

日立の初のユーザーカンフェレンスである日立NEXT 2017(本日、ラスベガスにて開催)は、BTのグローバル・ネットワーク・インフラストラクチャー、クラウド機能、サイバーセキュリティーの専門知識を日立の広範な運用や情報技術(OT / IT)、そして次世代Lumada IoTプラットフォーム・ソフトウェアと統合されたIoTサービスとソリューション・ポートフォリオを提供します。

両社の技術、インフラストラクチャー、専門技術を組み合わせることで、相互顧客が接続されたインテリジェンスと高度なデータ分析を最大限に活用し、プロセスの合理化、また、グローバル規模でビジネス・パフォーマンスを最適化することができます。

BTグローバルサービスのCEO、Bas Burger氏は次のように述べています。

「日立との提携は、BTがイノベーションを加速し、世界中の顧客のデジタル化とIoTへの道を容易にするのに役立ちます。日立のOT、ITとIoTの専門知識、長年にわたる顧客の取り組みとLumada IoTプラットフォームは、グローバルなインフラストラクチャー、クラウドサービス、 そしてサイバー・セキュリティーの専門知識と理想的に結合し、グローバルな顧客のデジタル変換の成功を最大限に引き出す強力なIoT です」

Hitachi VantaraのCEOであり、日立製作所の副社長である大槻 隆一氏は次のように述べています。

「IoTは、ビジネス、産業、社会の利益がこれまでとは違って交差して整列している重要な変曲点を表しています。BTのようなリーダーやマーケットメーカーとの戦略的提携の創出が、日立のIoT戦略の重要な基盤となることを見て、企業やビジネスを次の段階に進化させます」

このコラボレーションから生まれた最初のビジネス・ソリューションは、2018年第1四半期に発売される予定です。

BTについて

BTの目的は、より良い世界を作るためにコミュニケーションの力を使うことです。 180カ国の顧客にサービスを提供する通信サービスおよびソリューションの世界的なプロバイダーの1つです。 主な活動は、ネットワーク化されたITサービス、 ローカル、国内および国際的な電気通信サービス;ブロードバンド、テレビ、インターネット製品とサービス; 統合された固定モバイル製品とサービスを自宅、職場、移動中に使用するため顧客に提供することです。 BTは、コンシューマー、EE、ビジネスとパブリックセクター、グローバルサービス、ホールセール&ベンチャー、オープンリーチの6つの顧客対応ラインで構成されています。

2017年3月31日に終了した年度において、BTグループの報告収益は24,062百万ポンドで、課税前の利益は2,354百万ポンドでした。

British Telecommunications plc(BT)は、BT Group plcの完全子会社であり、事実上BT Groupのすべての事業および資産を網羅しています。 BT Group plcは、ロンドンとニューヨークの証券取引所に上場しています。 詳細については、http://www.btplc.comをご覧ください。

Hitachi Vantaraについて

Hitachi Vantaraは日立製作所の100%子会社であり、データ駆動型リーダーがデータの価値を見つけ使用し、ビジネスや社会にとって重要な成果をインテリジェントに革新し達成する援助をしています。 テクノロジー、知的財産、業界の知識の結集、企業が顧客の経験を向上させ、新しい収益源を開発し、ビジネスコストを削減するのに役立つデータ管理ソリューションを提供します。 Hitachi Vantaraだけが、深い情報技術(IT)、運用技術(OT)、およびドメイン専門知識を組み合わせることで、イノベーションの優位性を高めます。 私たちは、データを有意義な結果に導くためにあらゆるところの組織と協力しています。 http://www.HitachiVantara.com をご覧ください。

株式会社日立製作所について

日立は、東京に本社を置き、社会の課題に応えるイノベーションを提供しています。 2016年度(2017年3月31日終了)の連結売上高は9兆1,622億円(818億ドル)でした。 日立グループはソーシャルイノベーションのグローバルリーダーであり、世界中に約304,000人の従業員を擁しています。 日立は、共同創造により、電力/エネルギー、産業/流通/水道、都市開発、財政/官公庁/医療など幅広い分野の顧客にソリューションを提供しています。 詳細については、http://www.hitachi.comを参照してください。

問い合わせ先
Hope Nicora
+1-831-227-3660
Hope.Nicora@hitachivantara.com

原文はこちら: T and Hitachi Partner To Develop Industrial and Enterprise IoT Solutions

北米の近接センサー市場、2018年までに12億3000万ドルに達する見込み。その市場動向と分析 世界のIoTに関するレポート公開中