Nissanは、Petersen自動車博物館にて、日本の製造業と自動車文化に関する2つの展示をサポートしています

Nissanは、Petersen自動車博物館にて、日本の製造業と自動車文化に関する2つの展示をサポートしています – 記事

最初の展示部分は、「モノづくりのルーツ:日本の自動化におけるクリエイティブスピリット」が日本のデザインの主要要素を紹介しています。

  • 2つの新しい展示がオープンできるように設定。「モノづくりのルーツ:工学と製造の日本の技術革新を探る日本の自動化のクリエイティブスピリット」と日米の文化やカスタマイズに焦点を当てた「微調整:日米慣習」
  • Nissan車とDatsun車が日本国外に展示されたのは初めてです
  • 両展示は5月26日に一般公開

Nissanは、アメリカ自動車文化の交差点を祝い、Petersen自動車博物館での2つの新しい展示会のサポートを発表しました。どちらも一般公開は5月26日です。

「モノづくりのルーツ:日本の自動化におけるクリエイティブスピリット」

というタイトルの展覧会の最初の部分は、1970年代に市場優位に立つ前に、日本のデザイン哲学の主要要素を明らかにします。会場では、「微調整:日米慣習」は、日米の自動車カスタマイズの台頭と、どの車がどのように自動車文化の再定義に影響を与えたかを検証します。

「Nissanは、米国で60年の日本車を祝う「Petersenの「モノづくりのルーツ」展」に参加することを光栄に思っています」と、Nissanデザインアメリカのゼネラルマネージャー、Richard Plavetichは語っています。

「実用的で経済的に洗練された、パワフルな、Nissan車のデザイン、耐久性、そして性能は、85年の世界的な成功事例をもたらしました。」

Rolexが発表したBruce Meyerファミリーギャラリーにある「モノづくりのルーツ」展は、日本の自動車産業の長期的な成功の基盤として、モノづくりのテーマ、すなわち「ものづくりの芸術、科学、工芸」をテーマにしています。テネシー州ナッシュビルにあるLane Motor博物館の歴史的に重要な車両やその他のプライベートコレクションも展示されます。ハイライトには、1937年のDatsunモデル16クーペと1966年のNissanシルビアが含まれています。Datsun 1000セダンはロサンゼルスエリアに戻り、60年前にLAオートショーで同社初の米国で出演しました。
ミュージアムのカスタマイズギャラリー「モノづくりのルーツ」と並行して、「ファインチューニング」は、日米のチューナーの美しさと文体的な会話を詳述しています。ロサンゼルスと日本のカーカストマイザーを中心に、この展示会は、ドリフトやドラッグカーから、1973年Nissanの「ケンメリ」スカイライン2000 GTXなど、日本のメーカーのハイライトを含む、高度に改変されたカスタムまで真の独創的な作品を展示しています。

Nissanは「モノづくりのルーツ : 日本の自動車クリエイティブスピリット」と「ファインチューニング」の展覧会で、Petersen博物館のオルタナティブパワーギャラリーにオールニュー2018年日産リーフを誇らしげに展示します。
「モノづくりのルーツ」と「細かいチューニング」は、それぞれ2019年4月14日まで行われます。チケットはPetersen.orgで販売されています。 展示品のNissanの役割についての詳細は、NissaNnews.comをご覧ください。

Nissan Motor Co., Ltd.について

Nissanは、Nissan、INFINITI、Datsunブランドで60以上のモデルを販売する世界的なフルライン自動車メーカーです。2017年度は、世界で570万台の車両を販売し、11兆9000億円の売上高を達成しました。2017年4月1日、Nissan M.O.V.Eに着手しました。2022年には、2022年度末までに年間収入の30%増の16.5兆円を目標とする6年間の計画と、累積フリーキャッシュ・フロー2.5兆円を計画しています。Nissan M.O.V.Eの一部として2022年には、世界で最も売れ行きのあるオール電化車であるNissan LEAFを象徴する電気自動車のリーダーシップを拡大する予定です。Nissanのグローバル本社は、アジア・オセアニアの6つの地域で運営されています。それは、アフリカ、中東、インド;中国;ヨーロッパ;ラテンアメリカ;北アメリカです。Nissanは1999年にフランスのRenaultと提携し、2016年にMitsubishi Motorsの株式の34%を取得しました。Renault-Nissan-Mitsubishiは現在、世界最大の自動車パートナーシップであり、2017年には1060万台を超える売上を達成しました。
当社の製品、サービス、持続可能なモビリティへの取り組みの詳細については、nissan-global.comをご覧ください。また、Facebook、Instagram、Twitter、LinkedInでフォローして、YouTubeのすべての最新の動画を見ることができます。

Nissan North Americaについて

北米では、自動車スタイリング、エンジニアリング、コンシューマー・アンド・コーポレート・ファイナンシング、セールス&マーケティング、流通および製造が含まれます。Nissanは、Nissanグリーンプログラムの下で環境改善に取り組んでおり、2010年からENERGYSTAR®Partner of the Yearとして米国環境保護庁(EPA)から毎年認知されています。Nissanの詳細とNissanとインフィニティ 車両は、http://www.nissanusa.comhttp://www.infinitiusa.comでオンラインで見つけるか、または米国のメディアサイトnissannews.cominfinitinews.comをご覧ください。

Lane Motor博物館について

Lane Motor博物館には、稀有でユニークな車両のほか、輸送の発展に影響を与えたものもあります。米国最大のヨーロッパ車のコレクションを誇る博物館は、テネシー州ナッシュビルのダウンタウンから3マイルのところに位置しています。Lane Motor博物館には、米国では見られない典型的な150台の珍しい車とバイクのコレクションがあります。

Petersen自動車博物館財団について

Petersen自動車博物館財団は非営利の501(c)(3)慈善団体です。博物館は、カリフォルニア州ロサンゼルスのロサンゼルスにある6060 Wilshire Boulevard(Fairfax)にあります。入場料は一般入場者の場合は16ドル、高齢者およびIDの場合は13ドル、3歳から12歳の子供の場合は8ドルです。ID、パーソナルケアアテンダントと3歳未満の子供は無料で入場できます。博物館の時間は午前10時から午後6時までです。一般的な情報については、323-930-CARSに電話するか、http://www.Petersen.orgをご覧ください。

連絡先
Jannelle Grigsby
ウエストコーストリージョナルコミュニケーションズマネージャー
オフィス: 310-998-7854
jannelle.grigsby@nissan-usa.com

Steve Yaeger
マネージャー、安全、ディーラー、およびヘリテージコミュニケーション
オフィス: 615-725-4443
steve.yaeger@nissan-usa.com

Nikki Riedmiller
カーンメディア(Petersen自動車博物館)
オフィス: 818-881-5246
Nikki@KahnMedia.com

原文はこちら: Nissan supports two exhibits on Japanese manufacturing and car culture at the Petersen Automotive Museum

産業用ロボット市場、2024年末までに700億ドル超。各分野の種類別、地域別、企業別の世界予測はどうなのか? 世界のIoTに関するレポート公開中