【動画】OSIsoft: IIoT導入の障壁を下げるには?

【動画】OSIsoft:IIoTエントリーの障壁を下げる

SenseOpsの最高経営責任者(CEO)のDave robertsは、産業プロセスをコストパフォーマンスの高い方法でIIoTをどのように利用しているかについて説明をしています。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

展開(デプロイ)するスピードは、はるかに速くなりました。センサーパターンを展開して、ゲートウェイを設置し、PIシステムからVPNを作成します。

私たちのエッジデバイスではデータの記憶、そして保管/管理をすることが可能です。そしてデータの視覚化(ビジュアライズ)をします。さらにWebサーバーなので、収集したデータを元にローカルアプリケーションを作成することも可能です。さらにそのアプリケーションを元にWebページを作成し、展開することなども可能です。とても柔軟性がある事が特徴です。

エッジデバイスのCPUとメモリはとても素晴らしく、信じられないほど安いです。データを使って様々な事、例えばデータの解析や計算などを一つのコンピューターで行う事が出来ます。

SenseOpsは、これらのプロセスは、どのように行われてきたのかを把握する必要があります。

30年行ってきた事を振り返って、エッジデバイスをより強化し、コストを削減し、より速く作業をする事を目指しております。今まで大企業しか出来なかったような事が、小さな企業でも可能になりました。現在、SenseOpsはサービスを非常に安価で提供する事ができています。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
ブラジルのファクトリーオートメーション、2020年には80億8,000万ドルに。市場分析と今後5年間の予想 世界のIoTに関するレポート公開中