【先週のSNSトレンド】話題のハウツー記事まとめ|5月29日火曜日

【先週のSNSトレンド】話題のハウツー記事まとめ|5月29日火曜日 – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。火曜日は話題な「ハウツー記事」です。

LoRaは小売業に最適

小売業はIoTには最適の業界だと思われますが、更なるセールスシステムをサプライチェーンの統合が必要です。ビジネスにとっては、ローパワー・ワイドレンジ・ネットワークを利用することが鍵ですが、現状ではまだまだ積極的にこれを利用している企業は少ないようです。
Orange、KPNとIoTコネクティビティ・プラットフォームサプライヤーのActilityが、実際のネーションワイド・パブリックIoTネットワーク間でLoRa Alliancesスペックの実装を行うフィールドテストに成功したと発表しました。
これにより、国をまたいで移動するセンサーやトラッカーを接続するという可能性が開かれました。
昨年暮れに、LoRa Allianceは第一版のLoRaWANバックエンド・インターフェース・スペックをリリースしました。これは、LoRaWANセンサーデータがローミングを可能にする為に、異なるネットワーク間で交信される規則を定めたものです。これを元にOrangeとKPNは、安全なローミングインターフェースを構築しました。

話題の元記事はこちら: LoRa should be an easy sale for retail

IoTと共に歩む

更に多くの企業が、予防的設備メンテナンスに移行するにつれ、これらの企業は接続されたデバイスを使用して、フィールドサービスを向上する方法を模索しています。
伝統的なフィールドサービスマネジメントは、トラックの現在位置を確認したり、メンテナンスのスケジュールを組んだりということでしたが、IoTの普及によりこれらは、リアルタイム、若しくは予防的サービスにシフトしています。
UK及びアイルランドで、GE社のフィールドサービスソフトウェア、ServiceMaxを実際に使用している顧客への調査によると、このサービスによりエンジニアやテクニシャンの生産性は19%向上し、コストは逆に9%削減され、収入は10%向上したということです。

話題の元記事はこちら: On the road with IoT

IoT実装時によくある問題をどう解決するか

組織はIoTに大きな投資を行っています。実際、接続されたデバイスのおかげで、患者のケアや情報の伝達がより効率的に行われるようになりました。
しかし、多くのケースで、デバイスを統合する為のITへの負担が大きくなったり、自分たちがいったい何をするのか分かっていないケースなどが見受けられます。
IoTの実装を成功裏に行うためには、以下のようなポイントに留意する必要があります。

  • 先ずは小さな規模でIoTを利用することから始める
  • IoTプロジェクトマネジメントと、既存のシステムへの統合
  • 組織全体へのIoTの実装の最適化を目指す

IoTテクノロジーは、組織とそのオペレーションを変革するポテンシャルがあります。ですから、これが組織全体のコーディネートされた取組みで実現すれば、大きな成功を収めることが可能です。

話題の元記事はこちら: How to overcome common obstacles in IoT implementations

IoTファームウェア開発で、最適なセキュリティを適用する方法

IoTファームウェアを開発する際に、セキュリティがいかに重要かということを充分に説明することは不可能です。開発すべきプロジェクトがいかにシンプルに見えるものであっても、以下の点を考慮する必要があります。

  • アタックサーフェスを出来る限り小さくする
  • 重要な情報は常に暗号化する
  • 脆弱性の可能性をテストする
  • アップデートの機会は逃さない

話題の元記事はこちら: How to Apply Security Best Practices to IoT Firmware Development

エンタープライズIoTシステムをデザインする方法

IoTを定義する上手い表現に「誰もがどこででも、全てのものに繋がっている」というものがあります。2019年までには235億のデバイスが接続されているだろうと予測されていますが、その課題は、これをどのように計画するか、ということです。
最近行われた調査では、産業界では、その60%がIoTパイロットプロジェクトに投資していますが、そのうち明確なビジネスケースに対して、どうしたらテクノロジーを実装できるかという分野に投資を行っているのは、わずか5%に過ぎないという結果が出ました。
これを避けるために先ず行うべきことは、アーキテクチャの選択です。これはフィジカルとデジタルの世界を繋ぎ、常にオンの状態で、常に進化するもの、である必要があります。
そして、デバイスレベルよりも先を見据え、セキュリティにも注力を注ぐことが必要です。

話題の元記事はこちら: How to design an enterprise IoT system