【動画】IIoTのビジネスモデルとは?

【動画】IIoTのビジネスモデルとは?

IIoTのビジネスモデルとは一体どういった事なのか、ARC Advisory Groupのソフトウェア・ソリューション部の副社長であるRalph Rio氏が語っています。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

IoT、IIoTのビジネスモデルとは一体どういったものなのかについて話していきます。話をするにあたって、2つの事例と共に話したいと思います。

まず最初に、機器や備品を提供する方達についてです。彼らは現在アフターマーケットサービス(修理サービスなど)を提供しています。
たとえば、機器が販売され、顧客のシステムにインストールされます。その後OEM機器は自身の状態を記録し、その記録したデータを元に、もし何かおかしなこと(故障など)があると、アフターマーケットサービスを行なっている企業に通知を出します。

OEMで新しいサービスを提供する事によって、OEM提供企業の収益も、アフターマーケットサービスを扱う企業の収益も増やしています。

2つ目に、従来は機器が故障した場合、顧客は怒りOEMに電話をして修理の催促をしていました。今は、OEMが機器が故障をする前に問題を解決する事が出来るようになりました。これは、顧客満足度を大幅に向上させる事に繋がりました。これによる結果として、販売が促進されます。

OEMが収益を向上させる事の出来るメジャーな手法になっています。このようなビジネスモデルは機器メーカーのビジネスモデルです。明確に収集の増加が見込まれます。

消費者(ユーザー)側の立場に視点を移してみると、私は製品を作っている誰かであり、私はあらゆる種類の機器を備えた製造工場と、複数のOEMを行っています。そこで製造の中止が起きてしまった場合、収益がその分減ってしまいます。

そのような時に問題が明確になれば、予測メンテナンスを行うことが出来ます。アルゴリズムを使いいつ機器が故障をするかを予測する事が出来るでしょう。OEMはこのような事を昔は行っていませんでしたが、予測メンテナンスをする事によって収益を減らすことを避けることができます。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
【IoTレポート】通信インフラストラクチャ、ネットワーク技術、チップセットタイプ、アプリケーション、および地理による5G... 世界のIoTに関するレポート公開中