【ソフトウェアDB集】Wonderware InTouch

Wonderware InTouch – 記事

Wonderware InTouchとは?

InTouchはシンプルなグラフィックスを超えて、アプリケーション構築者が意味のあるコンテンツを作成することに集中し、企業全体の生産性とコスト削減を推進します。 InTouchは、オペレータが産業オートメーションシステムとの人間の日常的なやりとりを最適化できるようにします。この結果、オペレータの有効性が定量化されます。状況認識ライブラリーによるWonderwareのユニークなアプローチは、オペレーターが操作に悪影響を及ぼす前に異常な状況に迅速かつ正確に対処するために必要な状況に応じた情報を提供します。

機能性および効果

Wonderware InTouchでできること:

  • 画期的なプロセスグラフィックスとすぐ使えるシンボルライブラリ
  • 改善された状況認識でオペレータの効果を高める
  • リアルタイムでより良い決定をする
  • 運用およびエンジニアリングの生産性を向上
  • オペレータートレーニングの迅速化
  • いつでもどこでもあらゆるデバイスから安全にシステムにアクセス

直近の話題なニュース

各種データ

提供会社 Schneider Electric
ユースケース 記載なし
ソフトウェアカテゴリ IoTアプリケーション
OS Windows
ライセンスタイプ サブスクリプション型
ローンチ 記載なし
最後のアップデート 記載なし
ウェブサイト https://www.wonderware.com/hmi-scada/
インストールマニュアル https://www.wonderware.com/hmi-scada/intouch/technical-specifications/
サポート https://www.wonderware.com/contact/contact-support/
関連する動画

導入事例

  • Pima County社: Pima Countryは、Situational Awarenessに基づくWonderware HMI SCADAソリューション、モバイルの労働人口と意思決定支援システムを使用したソリューションを実装しています。Pima County Regional Wastewater Reclamation Departmentは、郡の衛生管理下水道システムの管理と保守を提供します。

情報の更新: 2018年05月23日現在