【動画】IoTサクセスストーリー:ABB

動画】IoTサクセスストーリー:ABB

ABBのロボットは、モノのインターネットを使うことによって、効率性、安全性の確保をし、顧客により良い体験をしてもらう事に成功しました。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Berti Thorvaldssonは、ABB Roboticsのプロダクトマネージャーです。

Rene Nispelingは、ABB Roboticsで働いているカスタマーサービスのプロダクトマネージャーです。

Jean-Christophe Altは、ABB Roboticsのプロジェクトマネージャーです。

ABBは、電力関連、そしてロボットメーカーの企業です。ABBは、顧客にロボット、ソリューションなどの提供を行っています。顧客は、自動車産業や、食品業界がほとんどです。

ロボットは、常に毎分自動車を製造しています。一台のロボットが1時間でも停止してしまった事を考えると、これは大惨事です。

顧客が企業に電話をする事を待つことになり、その間顧客は何も出来ない状態が続きます。一日の製造を中止する事になります。

ですが、モノのインターネットによってこれは劇的に変わりました。モノのインターネットの力は、膨大な量のデータを収集する事ができ、使いやすい情報として、視覚化する事が出来ます。

Jasper Control CenterのAPIを使い、ビジネスシステムと接続をし、技術者に問題の分析を依頼する事が出来ます。それによって、直接フィードバックをもらうことが出来ます。

今、メンテナンスの必要が予期される顧客を支援する事が出来ます。

何か普通ではない事が起こると、機械が止まる前に解決する事が出来ます。

モノのインターネットは全てのロボットが繋がっている状態を可能にしました。

素早い応答時間を待つ事だけに執着せず、機械に何が起こっているのかを知る必要があります。

モノのインターネットでは今、何が起こっているかを把握する事が出来ます。リアルタイムで実行可能な情報を提供し、新しいサービスの基礎を形成する事が出来ます。

直接ロボットがネットに繋がる事を実現させたので、顧客からの細かな要望にも応えることが出来るようになりました。そして、ロボットの中止期間を減らし、コストの削減も出来ます。

ABBのロボットは、世界中の色んな所に提供されています。モノのインターネットによって、どこにいてもどのロボットでもアクセスが出来るようになりました。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

関連記事はこちら:
【IoT用語集】EDAとは?
【IoT用語集】IoCとは?
【動画】OEEを使用して生産性を向上させる