【先週のSNSトレンド】話題のハウツー記事まとめ|5月22日火曜日

【先週のSNSトレンド】話題のハウツー記事まとめ|5月22日火曜日 – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。火曜日は話題な「ハウツー記事」です。

高齢者にフレンドリーなスマートホームを構築する方法

アメリカの国勢調査局によれば、アメリカ国民のうち4,900万人が65歳以上だということです。
これは、全人口の15.2%を占めます。
スマートホームやスマートガジェットのおかげで、疾病の不安があっても、一人暮らしを少しでも長くエンジョイすることができるようになりました。
スマートホームや遠隔での装着型モニターを使った医療のおかげで、人件費が抑えられています。しかし、機械が苦手という高齢者も多く、このマーケット向けのガジェットには特有の配慮をする必要があります。
それは、視力や聴力が低下したユーザーのために、センサーが音声だけでなく視覚にも働きかけることであったり、デバイスやインターフェースのデザインをシンプルで分かりやすくしたり、押さなくてはいけないボタンの数を減らして高齢者が混乱しないようにしたり、間違ったボタンを押してしまっても、利用者がやる気をなくさないように工夫することなどです。
また、ちょっと触っただけでどんどん機械が反応してしまったり、すぐにパニック機能が働いてしまったりすることを避け、少々手荒く扱っても壊れてしまわないことも大切です。
電池が長持ちすることや、高齢になった移民の為の多言語対応も必要です。

話題の元記事はこちら: Usability, Durability, Error-Proofing: How to Make an Elderly-Friendly Smart Home | IoT For All

リスク管理をしながら産業型IoTゲータウェイの利点を活用する方法

多くの産業界で企業がIIoTの実装を開始しましたが、すぐに全く新しいシステム、IoTゲートウェイ、が必要だということに気づきました。ここでの懸念材料が、これは新しいリスクをもたらすか?ということです。IoTゲートウェイは、エッジとセントラルコントロールと管理システムの間に位置し、通常クラウドを介して繋がっています。
このようなIoTゲートウェイシステムは、充分機能するものですが、事業の製造環境のようなビジネスの重要な局面で利用した場合、予期しなかったリスクに直面することもあります。
少しでもこのようなリスクを軽減する為には、IoTゲートウェアはダウンロードしたり購入したりしますが、これをビジネスークリティカルな製造環境に対応できるハードウェア上で起動することです。

話題の元記事はこちら: How To Get The Benefit Of Industrial IoT Gateways While Managing The Risk

大ヒットのIoTデバイスを構築する方法

デバイスの製造業者は、今のIoTブームに便乗して、アプリを開発し市場シェアを拡大したいと願っています。しかし、同時にアプリが正しく稼動する為のインフラの探求、統合、管理なども行わなくてはなりません。
このような競争環境の中で、大ヒット商品を生み出す為には、以下の点に留意する必要があります。

  1. 先ず価値の定義を行う
  2. 今まで誰もカバーしていないサービスやビジネスを探し出す
  3. プルーフオブコンセプト
  4. スピーディーなプロトタイピング・テクニックを採用する
  5. 既存のハードウェアを利用する
  6. IoTプラットフォームは慎重に選ぶ
  7. 勇気を持って飛び出す

話題の元記事はこちら: Coolest advice for making blockbuster IoT devices? – IoT Now – How to run an IoT enabled business

IoTセキュリティ5つの考察

イギリスでは、運輸業界でデータ記録が無くなったり、盗まれたりする1件ごとに72ポンドの損失になるということです。10000件のデータを盗まれたら、会社にとっては72万ポンドの損失となる、ということです。これを防ぐ為に企業は信頼できる安全なネットワーク・コネクティビティを選択する必要があります。
ネットワークセキュリティは、企業がIoTソリューションを展開している場合には、特に重要です。多くのエンドデバイスから多くのデータが送信される場合、強固なセキュリティを持つことは絶対必要条件です。
KOREの “5 Considerations for IoT Security” は、企業に安全でスケーラブルなIoTソリューションの基礎を紹介します。

話題の元記事はこちら: 5 Considerations for IoT Security – IoT Now – How to run an IoT enabled business

IoTイニシアチブから価値を得る方法

IoTは常々、シンプルに説明されすぎていると感じます。センサーや、コネクティビティ・テクノロジーなどはIoTの機能に求められるもののうち、ほんの一部に過ぎません。
無尽蔵に収集される騒音(=情報)を価値あるものにするためには、以下のようなものが役立ちます。

  1. より低価格になった、エレクトロマグネティック・コンバージョン
  2. Bluetooth又はそれ以上に信頼度が高いコミュニケーション媒体
  3. データコレクション
  4. データ管理
  5. データ解析
  6. ルールに基づいたアクション

話題の元記事はこちら: How to gain value out of IoT initiatives

関連記事はこちら:
【IoT用語集】IoT推進コンソーシアム(ITAC)とは?
【IoT用語集】IoT推進コンソーシアム(ITAC)とは?

エネルギー、公益事業分野に変革をもたらすAI。再生可能エネルギー管理、需要管理、インフラ管理で進むAI技術を調査 世界のIoTに関するレポート公開中