【IoT用語集】自動運転カーとは?

【IoT用語集】自動運転カーとは?

IoT用語集】自動運転カー – 記事

はじめに

自動運転カーとは、人間が操作無しでもオートで走行し、目的地まで走行できる自動車を指します。

自動運転カーにはLevelがあり、2018年時点では以下のLevel0からLevel5までのLevelが定義しています。

  • Level 0(自動運転化無し)
    自動運転の機能が搭載されていない車のことです。一般の自動車のほとんどは、このLevel0です。

  • Level 1(運転支援)
    ステアリング操作、加速、減速の操作のいずれか1つの操作を車がします。自動減速やクルーズコントロールはこのLevelです。

  • Level 2(一部自動運転)
    ステアリング操作、加速、減速を複数組み合わせて、車の運転をします。ステアリングサポートが加わったクルーズコントロールがこのLevelです。

  • Level 3(条件付き自動運転)
    周りの状況を確認しながら自動運転をしてくれますが、緊急時にはドライバーの運転が必須なLevelです。
    また条件も有り、交通量が少ない、天候が良い等、運転するのに好条件の場合に限ってきます。

  • Level 4 (高度自動運転)
    運転手がいなくても自動運転できるLevelがLevel4です。

    しかし、条件が有り、交通量が少ない、天候が良い条件になりこの条件に当てはまらない場合は、人間の運転が必須になります。

  • Level 5 (完全自動運転)
    いかなる条件でも、完全に自動運転をしてくれるLevelがLevel 5です。このLevelは、まだ研究段階で発売はまだまだ先になると予想しています。

2018年現在、販売されている自動運転カーは?

2018年時点で販売している自動運転カーは、Level2がメインになっています。

販売されているLevel 2の車の一覧を挙げます。

  • 日産 プロパイロット(セレナ、エクストレイル)
  • スバル アイサイト ツーリングセレクト(レヴォーグ、WRX)
  • テスラ オートパイロット(モデルS、モデルX)
  • メルセデス・ベンツ Intelligent(Eクラス)
  • ボルボ パイロットアシスト(XC90、S90)
  • Audi プレゼンス(A3、A4)
  • VW オールイン セーフティ(ゴルフ)
  • BMW Driving Assist Plus(5シリーズ)

Level 3の機能を搭載した市販車も存在しています。

  • Audi A8
  • キャデラック CT6

これらの車は、一定の速度以下でなければ作動せず、完全にLevel 3に対応しているわけではありません。

自動運転カーの問題点・課題

自動運転カーは今までの生活スタイルが一変する画期的な車ですが、2018年時点では課題や問題点も多くあり、まだまだ普及には時間がかかりそうです。

2018年時点での主な問題点や課題を以下に挙げます。

自動運転システムのハッキング問題
自動運転システムは、コンピュータが様々なネットワークを介して操作を行います。もし、不正アクセスでハッキングされてしまうと勝手に動きだして悪意で事故を起こされる、盗難されてしまうリスクがあります。

悪天候による不具合の発生
2018年時点では、Level 3の車は販売されつつありますが、Level 3は交通量が少なく、天候が良い好条件でしか自動運転ができません。

交通量が多い、悪天候の悪条件での自動運転は、現状ではレーダー、センサーが正常に機能せず不具合を起こし、事故の危険性があります。

安全に実現していくには、センサー技術の発展が必須です。

運転手の仕事の激減
自動運転が普及すると、タクシー、バス、トラックの運送業の仕事が無くなるという問題もあります。運送業の雇用が減る、失業者が多数発生し大きな社会問題になる可能性もあります。

自動運転カーの今後

自動運転カーは、今後ますます普及していくのは間違いないです。Level 3の車が登場しはじめ、Level 4の車も発売に向けて開発が進んでいます。Level 4の車の発売に向け、各メーカーが開発を進めています。

日本では、東京オリンピック開催時に無人車を実現することが政府の目標となっており、それに向けて自動運転カーの開発が進んでいます。

アメリカでは、Googleの自動運転カーが公道での実験走行を行い、2015年時点で総走行距離が190万kmを突破し、無事故無違反で走行しています。

2030年ごろに技術が進歩し、Level 5の車の登場が予想しています。

まとめ

自動運転カーは、2018年時点でLevel 3の自動車が発売され始めています。

まだ自動運転は、技術的問題、社会的インフラの問題を解決しなければならないですが、今後ますます重要になり、2030年には全自動運転を行う車が登場する予定です。

今後、全自動運転カーが発売され、今後社会に新しい価値を提供することは間違いないです。

【IoTレポート】次世代スマートファクトリー:産業用ロボット、IIoT、3D印刷、高度なデータ管理 世界のIoTに関するレポート公開中