【日本海外事例集】JCIとBaicells 無免許LTEにおける独自の能力を活用しIoTの戦略的パートナーシップに合意

JCIとBaicells 無免許LTEにおける独自の能力を活用しIoTの戦略的パートナーシップに合意 – 記事

2017年 10月20日、ジャパン コミュニケーションズ(以下、JCI)は、中国北京に本社を置く革新的なLTEソリューションメーカー、バイセルズ・テクノロジーズ(Baicells Technologies Co.、Ltd。)(以下、「Baicells 」)と日本市場向けのIoTソリューションの基盤となる無免許LTEネットワークの共同事業開発における戦略的提携を合意したと発表しました。2017年の終わりに、包括的かつ詳細な合意が達成されました。 戦略的パートナーシップには、ビルネットワークや特定のIoTソリューションが含まれており、これらのソリューションは、2社および他のパートナー企業を含む新しい収益分配ビジネスモデルによってサポートされます。

LTE-Advancedに関してはこちらより。

Baicellsの革新的なグローバルLTEソリューションとJCIのプラットフォームを統合することにより、免許不要のLTEネットワークとマルチモバイル・キャリアネットワークが統合的に使用されます。さらに、最高水準のセキュリティーが必要な場合に、JCIの特許取得済みのセキュリティー技術を金融サービスに活用することで、安全で信頼性の高い電気通信サービスを統合することができます。
この新しいサービスは、従来のモバイル通信事業者と比較して、ネットワークの設置および運営において大幅なコスト削減をもたらすため、新しいサービスの収益は、戦略的パートナーおよびベンダーによって、関与に基づき公正かつ公平な方法で共有されます。

このプラットフォームは、MVNOオペレーター、エンタープライズ企業、および中小企業向けに、IoTソリューション用に特定のアプリケーションを使用するために最初に提供されます。
この戦略的パートナーシップは、必要な技術要件を含むMVNOビジネスプロセスを大幅に簡素化する新しいビジネスおよびテクノロジーモデルを構築することで、3エンドユーザー、サービスオペレーター、およびベンダーの間でWin-Win-Win関係を築きます。

Baicellsについて

Baicellsは革新的で手頃な価格のLTEソリューションを提供する急成長中のハイテク企業です。 バイセルのマイクロセルソリューションはチャイナモバイルで採用されており、Baicellsの固定LTEソリューションは、2014年3月の設立以来、米国で広く展開されており、LBIソリューションのOEMおよびODM市場で市場シェアを拡大しています。

株式会社ジャパンコミュニケーションズについて

ジャパン コミュニケーションズ株式会社(JCI)は、1996年5月24日に、移動通信を基盤とする次世代インターネットが日本の未来の経済成長ベースとなるべきであると情報通信部(MIC)の目的を達成する企業として設立されました。 JCIのビジネスモデルは後にMVNOと呼ばれるようになりました。 2009年3月、移動体通信市場の自由化政策の下、NTTドコモとの相互接続を実現しました。この相互接続により、消費者はモバイルキャリア以外のソースからモバイル接続(SIM)を初めて購入することができ、「格安SIM」市場の創設につながりました。今や、携帯電話会社だけでなく、すべての業界の企業がモバイル接続を端末に埋め込むべき時です。 MVNOのパイオニアであり、世界で初めてのモバイル・ソリューション・イネイブラーとして、私たちは強力な技術ビジョンとノウハウを活用して、日本発の世界経済成長の次の段階をサポートするために必要な次世代プラットフォームを構築しています。オフィスは、東京都、米国のデンバー(コロラド州)、ポンテヴェドラ(フロリダ州)、そしてアイルランドのダブリンにあります。 JCIは東京証券取引所に上場しています。 (証券コード:9424)。 JCIのコーポレート・ガバナンス方針のもと、社外取締役は取締役会の過半数を構成し、社外取締役はすべて独立取締役です。

原文はこちら: JCI and Baicells agree on a strategic partnership for IoT leveraging unique competence in unlicensed LTE

世界中でテストされている5G。その技術情報、テスト方法、投資情報を分析 世界のIoTに関するレポート公開中