【動画】Sprint CommunicationsはIoTのライフサイクルを実現した

【動画】Sprint CommunicationsはIoTのライフサイクルを実現した

Sprint Communicationsは、IoTソリューションを提供しており、デモでは2つのソリューションについての紹介をしています。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

彼は、Sprint Communicationsの製品マネージャーで、このビデオでは、TechConに参加しています。

SprintはIoT開発者向けのソフトウェアやアプリケーションを提供しています。

画面上に見える真ん中に表示されているのは、これから行うデモの流れです。

IoT Device Frameworkは、開発者向けのソリューションで、開発者がアプリケーションを作る際に使用します。

デモでは駐車場の模型があり、ここでは、Raspberry Piの機能が入ったセンサーが搭載されています。現在、複数のIoTプロトコルが使われています。センサーゲートウェイと通信を互いに行い、アマゾンクラウドにも通信を行っている事が分かります。

全ての通信はLTEネットワークで行われます。

eSIMの展開もSprintは行っています。eSIMは、IoT製品のグローバル展開のソリューションとして知られており、サービスプロバイダーが変更されるたびに実際のSIMを変える必要がなくなります。

今、これらの機能はまだ知られていませんが、GSMAによって3月に承認されたので、これから有名になっていくと思われます。

これらの機能は、IoTにとても良い成果が現れると予測されており、世界規模で展開される予定です。複数のグローバル・サービスプロバイダーに加入でき、より便利になります。

駐車場のデモをよく見てみましょう。

駐車場の模型があり、駐車場の状態が画面にも表示されています。今、駐車場は一台空きがあります。そして、空きがある駐車場に一台車を埋めてみると、画面上も駐車場が埋まったことが分かります。同時に、駐車場の空きが無いことをメッセージて伝えてくれます。

これは、リモートでセンサーがゲートウェイに通信を行ったから起こる原理になっています。

埋まっている駐車場の車をもう一度動かしてみると、再度駐車場に空きが出来たことが分かります。

これにより、駐車場の管理を行う事が出来ます。全ての車が入っていて駐車場が満車の場合は、駐車場をブロックする事も出来ます。

複数のプロトコルを使っていてもスムーズに機能する事がデモでは分かります。

これは、ユニバーサルプラットフォームを使っており、開発者は、複数のソリューションを管理する事が容易に出来るのが特徴です。

Frameworkのベータ版はすでに出来上がっており、使用する事が可能です。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
ブラジルのファクトリーオートメーション、2020年には80億8,000万ドルに。市場分析と今後5年間の予想 世界のIoTに関するレポート公開中