【動画】Verizon IoTプロダクト&マーケティングマネージャーが未来型のThingSpaceプラットフォームについて語る

【動画】Verizon IoTプロダクト&マーケティングマネージャーが未来型のThingSpaceプラットフォームについて語る

VerizonのCat M1、ThingSpaceプラットフォームを使用して、 IoTソリューションを展開する為の役割について紹介しているビデオです。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

顧客に対して、IoT SpaceはIoTを使って収益を得る事やお金の節約をする事が出来ます。

Verizonは、顧客がより簡単にIoTソリューションの展開が出来るように努力しています。IoTで起こり得る摩擦の排除も行っています。

IoTソリューションの展開をする際に、いくつかの事を成し遂げました。

一つ目に、膨大な量のデバイスを認証しました。顧客がより多くのデバイスを使えるようにしています。加えて、Verizonはより最新の技術を取り入れています。

例えば、Cat M1はより優れた電力管理と低価格帯の実現をしました。センサーデータをクラウド上に送信する事も出来ます。センサーデータを取る事で、データをより価値あるものにします。

そして、何百何千ものデバイスが接続されていても、管理する能力は一定を保たれています。

それぞれのデバイスからどのぐらいのデータが使われているかを把握し、ファームウェアパッチを実行して、デバイス管理を行うことが出来ます。

また、他にVerizonがやっている事は、垂直統合型システム(垂直ソリューション)を行っています。

例えば、スマートシティを作ろうと事業の展開を進めているとしましょう。ここでは、交通管理やスマートパーキングソリューションが使われます。そして、垂直ソリューションの導入をそこでしています。

垂直ソリューションは、スマート農業などでも使われています。作物の管理(湿度、温度)を天気の情報と照らし合わせながら行う事でより質の良い作物が出来上がります。

経済的にも、人々がそれぞれの機械(乗り物など)を使うのではなく、資産の共有をする事によって新しいお金の回り方が生まれます。

Verizonが最近目をつけているのが、フリート管理です。

Verizonは18ヶ月前に新しいプラットフォームを開発しました。

そして、開発の中でも注目した点が、開発者コミュニティとの連携です。アイディアの段階からプロトタイプを試作する段階までをスムーズに行うことが出来るようになるからです。

API、ダッシュボードを開発者コミュニティと共有する事で、センサーデータをより価値あるものにします。

今現在、15,000人以上ものデベロッパーがおり、それぞれの部署が細かく分かれています。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方