【先週のSNSトレンド】話題の動画まとめ|5月16日水曜日

【先週のSNSトレンド】話題の動画まとめ|5月16日水曜日 – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。水曜日は話題な「動画記事」です。

StocktonにインストールされたPavo IoT

PavoのIoTブロックチェーンファームマネジメントシステムをカリフォルニアのStocktonにインストールする様子を紹介します。
PavoはIoTにより実行されるプラットフォームで、そのiOSとAndroidのアプリを通して、農家に土壌と作物の育成状況をモニタリングし報告します。
アプリを使って、農家は温度、湿度、土壌、湿気などの情報を、世界中どこにいてもリアルタイムでチェックすることが出来ます。

話題の元記事はこちら: Pavo IoT Installed in Stockton

CPChain

CPとはサイバーフィジカル、のことです。これは、次世代のディストリビューテド・インフラIoTプラットフォームだといわれています。
CPChainはセキュリティに優れており、ブロックチェーンを利用しています。
CPChainは、パラレル・ディストリビューテド・アーキテクチャを使用して構築されます。
ここには、データをオフチェーンで保存する、ディストリビューテド・クラウド・ストレージレイヤーがあります。
IoTの規模の大きさから、CPChainはPOWやPBFTのようなトラディショナルなコンセンサス・メカニズムでは使用することが出来ません。
これほど画期的なものであるにも関わらず、現状、CPChainは正しく評価されていません。

話題の元記事はこちら: CPChain | IOTA of China | Technical Deep Dive | $CPC 10x in 2018 | IOT Crypto

Cloud IoT Core (Google I/O ’18)概要

Google CloudIoTプラットフォーム、Cloud IoT Coreを紹介します。
このセッションでは、
どのようにIoTデバイスをGoogle Cloud Platformに接続し、コンフィグするかを詳細に紹介し、Pub/Sub及びDataflowを使ってどのようにデータをエコシステムに送信するかを紹介します。

話題の元記事はこちら: An overview of Cloud IoT Core (Google I/O ’18)

Smartz: IoT支払いシステム #EOSHackathon

IoT支払いプロジェクトでは、EOSの利点を使って、IoTセンサーデータの利便性と公平性の問題を解決します。
我々の課題は、センサーを使って、実存の世界で品物やサービスに対して自動で支払いを行うシステムのデザイン・インプルメンテーションを行うことです。
RFIDタグを使った自動の電子支払いと購入を実証します。
我々は、自社のマルティチェーン・スマート・コントラクト・プラットフォームでEOSをサポートします。

話題の元記事はこちら: Smartz: IoT Payments #EOSHackathon

マシーンラーニングモデル+IoTデータ=よりスマートな世界 (Google I/O ’18)

2020年までにはIoT市場は3倍になり、小型のデバイスのコンピューティングパワーも格段に向上するといわれています。
IoTとマシーンラーニングの交差点のトレンドが、全てのデベロッパーが注意を払うべきところです。
このビデオでは、3つの実例をカバーします。IoTデバイスから機械学習モデルを駆動するためのソーシングデータの管理方法、実証されたモデルをモバイルデバイスに導入して使用する方法、そしてRaspberry Piを使って、デバイストレーニングを行うかです。

話題の元記事はこちら: Machine learning models + IoT data = a smarter world (Google I/O ’18)

【IoTレポート】トップインダストリアルロボティクス、トップサービスロボットによるトップロボット市場 – 2... 世界のIoTに関するレポート公開中