Red Lion Controls、Crimson 3.1によりOPC統合アーキテクチャのサポートを発表

Red Lion ControlsCrimson 3.1によりOPC統合アーキテクチャのサポートを発表 – 記事

新しい機能により、店舗フロアからビジネスシステムへの通信が簡単に

強力なCrimson 3.1ソフトウェアがOPC Foundationによって開発された産業オートメーション用のOPC統一アーキテクチャ(OPC UA)通信機能をサポートすることを発表しました。Red Lion Controlsは、産業オートメーションとネットワークの通信、監視、制御の世界的な専門家です。
Red LionのHMIおよびデータ収集製品で使用するために、OPC UAを導入してデータを収集するユーザーは、データを追加するための追加のハードウェア、ソフトウェア、または特殊コードを必要とせずにこれを実行できます。お客様は、単一のソースから単一のソリューションを使用して、マシンのデータをエンタープライズビジネスシステムに直接取り込むことができます。
OPC UAのサポートにより、Crimson 3.1はOPC UAクライアントのデータを店舗フロアからデータセンターに公開するサーバーとして機能します。Crimson 3.1は、300を超える工業用プロトコルに対応しているため、異種の自動化デバイスからデータを取り込んでOPC UAに変換し、企業のビジネスシステムに簡単かつ容易に配信できます。

「OPC UAが安全で最新のデータ移動方法として注目を集めていることから、あらゆる製造業界がさまざまな自動化システムからデータを取得しようとする場合に、有用であることが理解できました」

と、Red Lion Controlsのオートメーション製品のプロダクトマネジメントディレクター、Paul Bunnellは語りました。

「Crimson 3.1ソフトウェアを搭載したRed Lion HMIとデータ収集製品は、産業情報の価値を簡単に活用できます。」

今日のCrimson 3.1のOPC UA Serverは、すべてのRed Lion Graphite HMI、Graphite Controller、CR3000 HMIで動作します。Crimson 3.1ソフトウェアは、イーサネット/ IP、DNP3、Modbus TCP、Modbus RTUなど多くの追加イーサネットおよびシリアルドライバをサポートしています。直感的なドラッグアンドドロップ方式のグラフィカルユーザーインターフェイスと複数の同時変換をサポートする各種のハードウェア製品により、顧客は事実上すべてのPLC、PCまたはSCADAシステムに新しい機能を簡単に統合できます。

Red Lion Controlsについて

産業オートメーションとネットワークのためのコミュニケーション、監視、制御の世界的な専門家として、Red Lionは40年以上にわたって革新的なソリューションを提供してきました。当社のオートメーション、イーサネット、およびセルラーM2Mテクノロジーにより、世界中の企業は生産性を向上させるリアルタイムのデータ可視性を得ることができます。製品ブランドには、Red Lion、N-Tron、Sixnetが含まれます。ペンシルバニア州ヨークに本社を置き、米州、アジア太平洋およびヨーロッパにオフィスを構えています。Red Lionは、生産性を向上させる計装および制御会社であるSpectris plcの一員です。詳細については、http://www.redlion.netをご覧ください。
©2018 Red Lion Controls,Inc.はすべての権利を保有します。 Red Lion、Red Lionロゴ、CrimsonおよびGraphiteは、Red Lion Controls,Inc.の登録商標です。その他の会社名および製品名は、それぞれの所有者の商標です。

原文はこちら: Red Lion Controls Announces Crimson 3.1 Support for OPC Unified Architecture

様々な分野で使われるAI。消費者、企業、政府部門の154のユースケースと29の業種における市場予測 世界のIoTに関するレポート公開中