【先週のSNSトレンド】話題のハウツー記事まとめ|5月15日火曜日

【先週のSNSトレンド】話題のハウツー記事まとめ|5月15日火曜日

【先週のSNSトレンド】話題のハウツー記事まとめ|5月15日火曜日 – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。火曜日は話題な「ハウツー記事」です。

どのようにIoTシステムをデザインするか

パフォーマンス、コネクティビティ、電力消費及びセキュリティの観点から完璧なIoTシステムを構築する方法を紹介します。
IoTは未来のものではなく、スマートシティスマートホームなどは既に現実のものとなっています。このテクノロジーの素晴らしいところは、複雑なシステム構造がエンドユーザーには最もシンプルなものとして提供されていることです。
IoTのアーキティクチャは複数の階層から出来ており、デリケートなコンポーネントが相互に影響を与えています。
完璧なシステムを構築する為には、MCUを最適化し、コネクティビティモジュールの設計を行うことが必要です。コネクティビティモジュールは、トランシーバーモジュールとネットワークフリークエンシーの2つの要素があります。

話題の元記事はこちら: How to Design IoT Systems | Electronics For You

接続されたデバイスと並行して稼動しているノンIoT設備をどう管理するか

産業システムの設定では、設備の寿命が長いので、即刻最新の設備を導入することが不可能な場合があります。中には、20年前に設置された設備がまだ現役で稼動しているところもあります。
このような設備を全てひっくるめて、インターネットの接続することは、企業のIT担当の頭痛の種です。そして、これがセキュリティの脅威となりかねません。
全てを包括的に管理する為にIT管理者が留意しなくてはいけないことは:

  • 資産台帳を作る
  • 資産管理のソフトウェアを活用する
  • IoT化されていない資産を、出来るだけIoT化する
  • リスクマネジメントを強化する

話題の元記事はこちら: How to manage non-IoT equipment that runs alongside connected devices

IoTセキュリティの誤りトップ5

IoTデバイスのセキュリティに関する誤りのトップ5は以下のものです。

  1. デフォルトユーザーネームとパスワードの変更をし忘れる
  2. 承認数を増やしすぎる
  3. ルーターの脆弱性をほったらかしにする
  4. 安全性が分からないネットワークに接続する
  5. アップデートを適宜行わない

話題の元記事はこちら: Top 5 IoT Security Mistakes & How to Avoid Them by Sidney Stone – Hakin9 – IT Security Magazine

Arduino/ESP8266 mydevices Cayenne及びMQTTを使ってIoTシステムを構築する方法

先ず最初のシナリオは、Arduino又はESP8266に接続したセンサーからデータをクラウドに送信する場合です。もう一つのシナリオは、MQTTを使ってデバイスをリモートコントロールする場合です。この場合は、MQTTプロトコルを利用してArduino(又はESP8266)をコントロールします。
最初のステップは、デバイスをCayenneプラットフォームにコンフィグすることです。
接続が確立されたら、今度はCayenneがAruduino/ESP8266からのデータを受け入れるようにコンフィグします。これで、IoTデバイスを接続することが出来ます。その為に、自分のArduino IDEにCayenne Libraryをインポートします。Libraryがインストールされたら、File → Example → Cayenne MQTT → Connectionsで、デバイスを探します。
最後にArduinoがMQTTを介してCayenneにデータを送信するためのチャンネルのコンフィグを行います。

話題の元記事はこちら: How to build an IoT system using Arduino/ESP8266 mydevices Cayenne and MQTT

IoTの安全性を確認する方法

Vodafoneが2017年10月に行った調査によれば、調査対象となった組織の84%がIoTの利用を拡大し、そのうちの95%が何らかの成果を挙げていると答えています。これに伴い、IoTに関連した課題とリスクも又拡大しています。
Gartnerによれば、2018年の全世界規模でのIoTセキュリティへの出費は15億ドルで、これは2017年に比べて28%増加しています。
Strategy of Things社のシニアパートナー、Renil ParamelはITセキュリティとIoTセキュリティはまったく別のものであると語ります。
IoTのセキュリティリスクは、デバイスやファームウェア、コネクティビティソフトウェアなどに潜んでいます。インテグレーターは、OS、ファームウェア、パッチングポリシー、コミュニケーションプロトコル、APIなど、様々な脆弱性を解析しなくてはなりません。IoTシステムのテクニカルアーキテクチャを理解することも脆弱性を特定する為には重要なことです。

話題の元記事はこちら: How to Know Whether IoT Devices Are Safe

金融サービスにおけるブロックチェーン技術の分析と成功例 世界のIoTに関するレポート公開中