【動画】IoTアプリケーションを開発して、センサーのデータを表示する方法について

【動画】IoTアプリケーションを開発して、センサーのデータを表示する方法について

このビデオでは、モノ(デバイス)とそのセンサーデータをみるためにフリースタイルのIoTアプリケーションを開発する方法について紹介します。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

このビデオでは、どのようにモノのインターネットのアプリケーションを開発するか、そしてセンサーのデータを表示する方法についてご紹介します。

これは、フリースタイルのモノのインターネットのアプリケーションで、SAP Webで作ることが出来ます。

ストーリーボードのアプリケーションをデザインモードで開き、Thing listをキャンバスの左側にドラッグ・アンド・ドロップします。

デフォルトのデータの関連付け等はThing listに予め作成されています。デフォルトの設定を変えることも出来ます。

コラムヘッダーの名前を変更しましょう。

次に、イメージマーカーをキャンバスの右側に持ってきましょう。

イメージマーカーで物の状態をセンサーを使い表示するか、ある領域内の複数の物の状態を表示するかの指定をします。

このビデオでは、センサーマーカーを使っています。

次に、イメージマーカーを探しましょう。

デフォルトで設定されている画像を変えます。

センサーマーカーの位置を調整します。

特定のセンサーの現在の値を確認し、エラー時と警告時のしきい値の設定をします。

センサーマーカーの追加もする事ができます。
イメージマーカーとそのセンサーをバックエンドの値に結びつける事も出来ます。

画像とセンサーの位置も変えることが出来ます。
物品リストとイメージマーカーとの間の行動を定義して、マーカーとそのThing list間でのデータを更新します。

毎回Thing listを選択した時に、アプリケーションの名前を設定して、終わりです。

そして、アプリケーションを実際に使ってみましょう。
毎回リストを選ぶ時に、イメージマーカーはセンサーデータのステータスを表示します。

警告、エラー時のステータスはマーカーの色が変わることでわかります。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
スポンサーリンク