起業家が IoT を使いやすくする3つの方法

起業家が IoT を使いやすくする3つの方法 – 記事

デバイス間での会話が容易になるソリューションを開発する起業家の増加

モノのインターネット(IoT)は、急速に進化するテクノロジー分野です。消費者との接続装置の普及に伴い、市場に参入する人の数が増えています。しかし、急速な成長と反復には、IoTの分野で特に使い勝手について、意図しない影響がありました。

アナリスト企業IDCは、2020年までにすべての業界がIoTプログラムを導入し、より多くのデータを収集することを計画しています。 IDCはまた、同年に300億のスマートデバイスが情報を収集すると予測しています。市場では非常に多くのデバイスが存在するため、これらのデータセットを統合することは、当然軽く見ることはできません。

良いニュースは、起業家の数がますます多くのデバイスがお互いにコミュニケーションするソリューションを作成し、この問題への取り組みを決定したことです。 IoTソリューション企業Scriptrの創設者兼CEO、Rabih Nassar氏は、統合されたIoTプログラムがどのようにこの問題に対処できるか共有しました。

デバイス間のコミュニケーション「M2M」に関してはこちらの記事から
「私たちは、様々なIoTプラットフォームのAPIのオーケストレーションと、ビジネスロジック、セキュリティ、およびポリシーを使用して新しく統合されたAPIの上にユーザーエクスペリエンスを作成することを可能にします。」

とNassar氏は言います。

「例えば、あなたがスマート ビルのテナントであれば、サーモスタット(自動温度調節器)、照明、暖房/換気、ブラインド、ビルのゲート、ガレージドアを制御する1つのアプリを持つことができます。これは様々な互換性のない物理的およびデバイス管理および接続プラットフォームが含まれます。」

他の方法では連携しないスマートデバイスを接続することで、起業家は、実質的なIoTバックグラウンドのない人々が使いやすいようにします。

統合プラットフォームの構築

IoT空間の誰かに話すと、会話は必然的にデバイスが動作するプラットフォームに変わります。それは明瞭です:接続する可能性のあるデバイスは、使用を可能にするソフトウェア アプリケーションなしではほとんど実行できません。残念ながら、今まで様々な機能を備えたデバイスの共同作業に役立つプラットフォームの開発はほとんどありませんでした。

Nassar氏は、

「標準化されたアプリケーションが存在しない状況では、企業は柔軟性のある IoTアプリケーション プラットフォームを必要としており、キャリアクラス企業レベルのソリューションを提供することができます。」

関連: 注目すべき3つの主要なエンタープライズ アプリケーションの改善

IoTがより多くの産業設定で主流になる前に、これらの開発は重要です。現在のIoT製品の多くは興味を掻き立てますが、より大きなプラットフォームとの互換性がないということは、それらが策略として見える傾向があります。スマートな電球、家庭のための楽しい技術を検討してください。エネルギー使用量に基づいて出力を制御するには、機能を監視し、設定を調整するデバイスに接続する必要があります。さもなければ、これらの電球は真のツールよりも会話の部分となります。統合されたプラットフォームを作成することで、デバイスの有用性が高まります。

アプリの統合

ソフトウェア空間は、実用面においては、IoTの大きな問題です。 Nestサーモスタットや接続された冷蔵庫など、複数のIoT製品を使用する消費者は、様々なデバイスを管理するために複数のアプリを必要とします。これは自然に苦労するものですが、良いニュースがあります。プログラマーは、問題を解決するための新しいプログラムを設計しています。

IoTのベンチャー企業は、これらのツールを一つのアプリケーション/インターフェイスに統合することによって、大規模な組織向けにIoTソリューションを拡張可能にしています。テクノロジーの目的は生活を楽にすることです。必要なアプリの数を減らすことは、大衆によるIoTの採用を促進するための重要なステップです。このタイプの統合ツールを作成できる企業は、業界が成長するにつれて大幅な利益を上げることができます。

関連:ベンチャー企業が IoT 大企業 から誘致される方法

パートナーシップのエコシステム開発
新技術の開発に伴う課題にもかかわらず、IoTコミュニティーは、互いの強みを活用し、より迅速にソリューションを推進するための戦略的パートナーシップの形成に成功しています。より多くの企業が成功の重要な要素であると考えているので、パートナーシップの精神はますます高まっています。 IoTプロバイダーは、他の方法では連携できない技術をつなぎ合わせることで、より大きな普及を促進するために必要なパートナーシップをモデル化します。

民間宇宙産業は同様の協力関係から大きな恩恵を受けている。 Boeing、Lockheed、Orbital ATK、SpaceXなどの企業は、共通の目標を達成するための知識やその他のリソースを共有しています。市場リーダーが同様の方法で協力すれば、IoTセクターにおけるイノベーションのペースは今後数年で急速に拡大するでしょう。

関連:トヨタとマイクロソフト社がコネクテッドカーの共同事業を開始

「IoT技術の需要が高まるにつれて、IoTソリューションを検討している起業家は、競争上の優位性を達成するのに役立つものを探すべきです」

とNassar氏は言います。

「また、IoTデバイスを導入する際には自らの能力を評価し、ボトルネックやプロジェクトの遅延を防ぐために経験のギャップを埋め尽くすパートナーを見つける必要があります」

原文はこちら: 3 Ways Entrepreneurs Are Making IoT More User-Friendly

インダストリー4.0テクノロジ市場2023年に214億ドルに達すると予測。市場の変化の詳細と懸念要素 世界のIoTに関するレポート公開中