【動画】SAPのIoTプラットフォームの基礎とは

【動画】SAPIoTプラットフォームの基礎とは

SAPIoTアプリケーションプラットフォームを使用して、センサーデータの便利さ、価値について紹介しているビデオです。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

彼の名前は、Marcus Behrensです。これから、モノのインターネットのアプリケーションについての説明をします。

今回は、SAPのIoT Application Enablementについての話です。
一体それは何なのか、どのようにアプリケーションを早く構築出来るのかについて話します。

一般の車道を走っている車を想像してみて下さい。車内の速度計は、車の速度を常に計測します。

センサーデータは加速度計から収集され、多くの異なるアプリケーションに関連しています。

車製造工場では車から匿名化されたデータを集め、エンジニアが活用します。データを集める事によって異なる環境下においての車のパフォーマンスを調査することができます。

保険会社は、運転行動を分析し、安全な運転をした顧客に報酬を与えるアプリケーションを作っています。

また、道路を管理・監視する機関では、匿名化されたデータを使用するアプリケーションを作り、道路の修復対策を計画します。

センサーデータはとても重要で、複数のアプリケーションでデータを活用する事は、データを最大限に活用する為には必要不可欠です。

これは、SAPのIoT Application Enablementです。

想像できる限りすべてのセンサーやセンサーネットワークに安全な方法で接続する事が出来ます。

クラウド内の大量のセンサーデータ(ペタバイト)を管理する事ができ、データの整理を行い様々なアプリケーション、ユーザーが使えるようにします。

IoTアプリケーションを構築し、SAPやその他のアプリケーションと迅速かつ容易に統合出来るサービスとツールを提供します。

このような事から、SAPは最高なサービスを提供している事が分かりますよね。

それぞれのアプリケーションはセンサーなどを使い、センサーから得たデータはアプリケーション間で活用されています。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方