【動画】なぜインターネットプロトコルエンドツーエンドをIoTで使うか

IoTは、技術的な観点からインターネットの進化と言えます。同様に、ネットワーク内で情報を伝達する為のルールや方法も進化しています。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

なぜインターネットプロトコルエンドツーエンドをIoTで使うか?

インターネットは今や標準的な通信方法として知られています。

IP Suite Rulesは、通信を送受信する際の規則の事です。

それでは、IP Suiteの歴史についてみてみましょう。

90年代、インターネットはIPv4を使っていました。時代が進むにつれてインターネットに接続されるデバイスの数も増えていき、2000年には、IPv6が登場し、ここからIoTが始まります。

インターネットプロトコルの急増によってワイヤレス化が始まりました。これには、テクノロジーの進化が目に見えて分かります。

そして、一つの疑問がここで出てきます。
なぜIoTにインターネットプロトコルエンドツーエンドを使うのか?

まず最初に、IPは常に開いている状態だからです。IETFはオープンスタンダードの機構の為、RFCの受け入れが簡単です。

複数のRFCの合成によりネットワーク・ソリューションは柔軟に対応をする事が可能です。

2つ目に、IPはとても軽量です。他のに比べてより小さいメモリしか使わないので、小さなエッジデバイスなどには重要な事です。

3つ目に、IPは多様で用途が広い事で知られています。

低データ・レートから、高データ・レートのすべてを低レイテンシでサポートする事が出来ます。

4つ目に、IPはユビキタスです(ユビキタスコンピューティング=生活のあらゆる場面にコンピュータが用いられ相互に協調して動作する環境)。

デバイスのほとんどはIPに対応しており、全てのオペレーティングシステムで動作をしています。

5つ目に、IPは規模の拡大に対応できます。
どんなに規模が拡大してもIPv6のアドレスを持つことが出来ます。

6つ目に、IPは管理しやすいです。
IPは幅広いオープンソースなので、簡単にIPネットワークの管理をする事が出来ます。

7つ目に、IPは、成長しきっています。
IPは既に30年以上も歴史を持っており、IoTはIPをより強化させる要素の一つとなりました。

最後に、IPはエンドツーエンドに対応しています。

プロキシで中間プロトコル変換を必要としません。

データの送受信は変換をしないので、安全性が極めて高いです。

なぜIoTにインターネットプロトコルエンドツーエンドを使うのか?
それは、インターネットの自然な進化なのです。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
製造業に多大な影響を与えているIIoT。その各分野での実装例と将来の成長予測について 世界のIoTに関するレポート公開中