【動画】拡張現実を使ったOracle IoT Connected Workerの概要

IoT Connected Workerのアプリケーションを使用して、拡張現実の概要について紹介しているビデオです。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

拡張現実(AR)はスマートフォンの登場以降、産業界において多大な影響を与えています。

現在、OracleIoT Connected Worker CloudはARを使用して、作業員の健康、安全を考慮しつつも効率的に作業を行う事が出来ます。

Oracleのソフトウェア開発者であるSupreet Oberoi氏はこう言っています。

「私達は、作業員の健康と安全を第一に考えてIoT Connected Worker Cloudを開発しました。環境データとコンテキストデータを重ね合わせて、ARを使用してデータを物理的世界に応用しています。」

さらに、OracleのBurkina Kaplanoglu氏はこう言っています。

「IoTと拡張現実はとても大事です。なぜならリアルタイムのデータをセンサーが取得して、データは生産性と安全性に深く関わるからです。私達がIoT Connected Workerのアプリケーションを作る時の要件の1つは、オペレーターが仕事を快適に出来るようにアプリケーションを作る事でした。その為に、OracleはDAQRI社と協力して、スマートグラスやスマートヘルメットにARの機能を入れることで、オペレーターはARを体験しながら作業をする事が出来ます。」

DAQRI社のNate Baldwin氏はこう言っています。

「DAQRI社は、ハードウェア、ソフトウェアプロバイダーで最高峰のグレードの拡張現実を生産業界の人達に提供しています。」

このソリューションでは、AR搭載のヘルメットやメガネを装着する事によって、情報のモニターが出来るので、それに沿って作業を完了する事が出来ます。

Oracleは常に性能のアップデートを行っています。環境データやコンテキストの追加をしてOracleモジュールとの緊密な統合を行っています。例えば、アップデートによってオペレーターは設計の完成図の確認をする事が出来ます。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
【IoTレポート】通信インフラストラクチャ、ネットワーク技術、チップセットタイプ、アプリケーション、および地理による5G... 世界のIoTに関するレポート公開中