FABTECH 業界進化を反映し、ロゴを刷新

本日、FABTECHの共同スポンサーは、FABTECH展示会の新しいロゴとブランドアイデンティティを発表しました。 FABTECHは、進化を遂げている金属の成形・加工・溶接・表面処理業界に特化したリーディングイベントを北米にて主催しています。

この業界は近年進化が著しく、新しいロゴのモダンな外観は、FABTECHにて展示される革新的な製造技術を反映しており、FABTECHの将来の方向性が表されています。

FABTECHの展示会共同マネージャーと共同スポンサーSMEのシニアディレクター、ジョン・カタラーノ氏は次のように語っていす。

「製造業界には、製造のやり方を変えてしまうような産業革命が起こっており、全く新しい時代に入っていると言えます。そしてFABTECHはその中において、業界の最先端の地位を維持するために進化を続けます。我々はFABTECHブランドの進化を表すような新しいロゴを発表できて感激しています。」

FABTECHの展示会共同マネージャーで、共同スポンサーFMAのメディア展示会部門シニアバイスプレジデントのMark Hoper氏は次のように付け加えました。

「FABTECHは、新しい、そして目に見える独自性を持って、 高品質で革新的なイベント体験を提供し続けたいと思っています。この展示会は常に業界の要求に応え、新しいものだけでなく次にくるものをも紹介していきます。」

FABTECHが革新を遂げていることを示すイベントが、今週シカゴで催されます。この展示会はアディティブマニュファクチュアリング(AM:3D印刷)の先進技術、スマート製造、インダストリアルIoTインダストリー4.0、オートメーション等に特化されており、専門家によるパネルセッションや製造の将来に関するセミナーも行われます。

新しいロゴマークとシンプルな文字構造は、FABTECHの豊富な過去の経験を尊重しつつ、先見的なイメージを表しています。

新しいロゴは、すべてのFABTECHイベントに一貫してまとまりのある現代的な印象を与えるというブランド戦略の最初のツールとなります。この進化したブランドアイデンティティは、来年を通して、FABTECHのすべてのイベント、コミュニケーションおよびその他の出版物に展開されることになります。

FABTECHについて

FABTECHは、金属の成形・加工・溶接・表面処理業界における技術、設備、知識業界における北米最大の展示会です。この実践的で対面的な展示会はビジネスの成長を強力に後押しします。FABTECHはアメリカではラスベガス、シカゴ、アトランタを持ち回りで毎年開催されます。FABTECH Mexicoもまたメキシコ・シティとモンテレーにて交代で毎年開催されます。FABTECH Canada はトロントにおいて隔年で開催されます。これらのイベントは、FABTECHは製造業界各分野での代表的な組織である共同スポンサーによって開催されています。米国溶接協会(American Welding Society)、FMA(Fabricators&Manufacturers Association International)、精密金属成形協会(PMA:Precision Metalforming Association)、CCAI(Chemical Coaters Association International)、SMEがその共同スポンサーです。

原文はこちら: New FABTECH Logo Reflects an Industry Evolution

【IoTレポート】インダストリアルインターネット(IIoT)と製造業の将来、2021年までの予測 世界のIoTに関するレポート公開中