【動画】IoTアプリケーション:ガス漏れモニター

【動画】IoTアプリケーション:ガス漏れモニター

建物内のガス漏れは、公共の安全に重大な脅威を与える可能性があり、例え危険性がなかったとしても費用がかかり環境に損害を与えます。このビデオは、ガスパイプの漏れをモニターするIoTアプリケーションの紹介です。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

スマートガス漏れ管理システムを構築しましょう。

ガス漏れモニターのIoTアプリケーションの紹介をします。重要なリソースとコードの生成に役立つガイドがここで得られます。

ビデオでは、AWSアカウントがもう既に作られていて、GIFからの情報で自分のAWSキーを取得する事が出来ます。

AWSのスナップショットを保存して、ライブラリ内で他のChoreosを使用できるようにします。

Choreoを設定する準備が整いました。

Choreoを入力するにあたって、SQS Queueを作成する必要があります。SQS Queueは、バルブを閉めたり開いたりするように指示をするメッセージを保持します。

保持時間を制限する事で誤って昔のメッセージを読むことを防ぎます。

GIFはアカウントIDを見つける手助けをしてくれます。

メッセージの内容を入力します。

メッセージの内容はSQSでも使うので内容を保存しておきます。

次に、ガス漏れを検知した時に送られてくるSNSのトピックの作成をします。

建物のマネージャーのe-mailアドレスに届くように設定します。

トピックをSNSで送られるChoreoにコピー、ペーストして、保存します。

そして、ボードの選択に移ります。

このビデオでは、TI CC3200を選択しましたが、あなたの希望するアプリケーションに合わせて選択してください。

図では、どのようにセンサー、ソレノイド、その他の電源に接続するかを確認する事が出来ます。

最後に、アプリケーションを実行する為に必要な全てのコードをダウンロードします。

コードを見てみると、ピンのセット場所、しきい値、などの設定が書き込まれています。

今回ビデオで紹介されているボードはCC3200ボードで、ボードは電気ソレノイドバルブに接続されており、可燃性ガスセンサーと組み合わせてガス漏れを検出します。

エアポンプを回して、エアポンプはパイプに空気が送られている事を表し、テストガスを使いガスセンサーを作動させます。

ガス漏れの警告を受け取ったら、iOSアプリを使いリモートでガスバルブを閉じ、ガスを止めます。

ガス漏れの管理が行える事が分かりましたね。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
アジア太平洋地域に浸透するインダストリー4.0、IIoT促進における各国政府の役割を調査 世界のIoTに関するレポート公開中