IoTが中小企業向けのローカル検索をスケーラブルにする6つの方法

中小企業を動かす皆さん、モノのインターネットからまだ目を離してはいけません。コネクテッドデバイスによって提供されるデータは、中小企業が大企業と戦う際に助けてくれるはずです。

1. ターゲット設定の改善による検索広告の増加

適切なデータを適切なタイミングでより正確にターゲット設定することができます。 1人あたり複数のGPS接続デバイスを使用すると、ユーザーをより正確に追跡するための追加の位置データが提供され、追加のIoTデータによってニーズや動作をより詳細に把握できます。

たとえば、あなたのウェアラブル端末は、あなたが汗を流したことを知っていて、あなたの汗の読み取り値(量)に基づいて、暑く、喉が乾いていることを察知します。あなたの車は、すぐにあなたが寄ることができる2ブロック先のセブンイレブンを知っています。そしてあなたの携帯電話は、冷たくて美味しいスムージーを100円弱で買うことができる、10分以内の場所を通知として読み上げることができます。あなたが店に近づくと、クーポンは自動処理され、支払い時に自動的にクレジットカードに適用されます。

2. 顧客データが新しい競争力となる

マーケティングサービスの大手バイヤーは、大量のインタラクションやリードにコストを分散させることで、規模の競争力を獲得します。これにより、リードあたりのコストが削減されます。

結局のところ、正確なデータではなく、適切な顧客データを持つことが、新しい競争力を向上させる鍵となります。

3. オンラインに繋がるオフラインの行動を特定する

人の習慣や好みについてもっと知ることは、その人を直接ターゲットに絞ることができるだけではありません。そのデータは、他の多くの個人に集約された場合、ターゲット戦略の傾向と予測可能性を明らかにします。 SELの姉妹誌「Marketing Land」は最近、PlaceIQのCEO Duncan McCallとのインタビューを発表しました。Duncan McCallは、ユーザーの場所や行動に関するオフラインデータがオンラインシグナルよりも優れたインジケータであると説明しました。

言い換えれば、現実の選択肢や行動を知ることで、クリック、検索履歴、ページビューよりもオンラインでの意思決定を予測することができます。

これらのデータは、IoTデバイスが収集し測定することができます。このデータは、驚くべき視聴者のインサイトを提供します。プラットホーム「NinthDecimal」をターゲットとしたデータから、ファストフードの顧客はクイックサービスのレストランキャンペーンの最良のターゲットではないことが明らかになりました。むしろ、DIY愛好家、映画仲間、レジャー旅行者などがターゲットとして上がってきました。

4. データ共有を促進し、サービスに対するプライバシーの懸念を克服する

特にヨーロッパで事業を行っている企業に対して、プライバシー法の展開に大きな懸念があります。欧州のGDPR(General Data Protection Regulation)は、2018年5月に発効し、明示的な同意がない限り、人のデータの使用を制限します。

その制限を克服する方法は、ユーザーが自分が解放している情報よりも価値のある製品またはサービスを提供することです。例えば、ミモと呼ばれる会社は、乳児の呼吸や睡眠の動きなどの敏感なデータを測定するためサービスを提供しています。両親はサービスの内容を理解し、SIDSに対する保護や睡眠改善の代償として会社(MIMO)にデータを提供することに同意しました。

ロボットバキュームのメーカーであるRoombaは、あなたの家の地図を使用して全体のユーザーエクスペリエンスを向上させます。あなたの家の内部は、ほとんどの方が共有したくないものですが、消費者はプライバシーよりも利便性を日常的に選択します。データ共有によってあなたの掃除機の性能が向上し、あなたの家をきれいにするなら、多くのユーザーが同意するはずです。

しかし、GDPRでは、そのデータがサービスに必要でない場合、データのリリース時に条件付きサービスを提供することを禁止することが決まっています。米国ではこのような法律はありませんが、同様のプライバシー問題についての議論は日常茶飯事です。しかし、データを提供する代わりにサービスを利用することにより利便性を提供することは、誰でも歓迎しています。

5. ビッグデータへのアクセスで企業規模による競争の垣根をなくす

プライバシー規制に関する悩みの1つは、消費者がデータを引き渡すことに同意するために十分なレバレッジを持つビッグプレイヤー(大企業)に有利だということです。 例えば、Googleマップの場合、ほとんどの方が場所情報を提供しますが、使用頻度の低い小規模アプリには「提供しない」と答える確率が高くなります。

IoTデバイスの爆発的増加により、データサプライチェーンの中でデータの質を高め、いくつかの大手プレーヤーが管理する狭いファネルを広げることが可能となっています。データが新しい競争力を生むことは、広告購入者にとって素晴らしいことです。

たとえば、私のHoneywellサーモスタットの例では、広告購入者はHoneywellの顧客とのコミュニケーションを通じて直接ユーザーをターゲットにすることができます。また、Honeywellは顧客データを使用して、FacebookやBingなどの他のサードパーティのメディア・アウトレット内のユーザーを照合してターゲット設定することができます。

6. 広告ブロックを克服する

広告ブロックは、ユーザーが望まない広告コンテンツを嫌がるためにユーザーが設定します。しかし、ユーザーがターゲットとする、または関連性のある広告を受容していることを示す調査が繰り返し行われています。

Verve氏はLSAのPlace Conferenceで “Mobile Prodigiesの台頭”と呼ばれる調査を発表しました。これは、若い消費者が彼らの興味、趣味、習慣、場所に合わせて広告を作成・表示することを望んでいることを示しました。彼らの46%は、革新的であると思った広告を保存して後で再訪したと言います。

InMarketは同じイベントで、購入意向が2.3倍に上昇し、タンパク質が豊富なアイスクリーム製品であるProYoで作成した広告に対する100%の積極的なソーシャルメディア反応を示したケーススタディを発表しました。

消費者は、コンテンツとタイミングが正しいときに広告を受け入れる。 IoTデータは適切なコンテンツを消費者に提供し、広告を受け取ることの嫌悪感を軽減します。最終的な目標は、消費者が購入を検討している際に意思決定を行うための有益な情報として広告を使用することです。

まとめ

AIやパーソナルアシスタントが支配するチャットで、IoTの印象がやや薄れてしまいました。しかし、固定インターネットとモバイル機器が膨大な量の機器とそれに付随するデータに向かって這い上がれば、「インターネットの第3の波」がおきると予測する人も多くいます。

小規模なビジネスニーズを拡大するための大きなデータがあるのは皮肉なことかもしれませんが、小規模な作業では自動化や効率化が可能で、SMBにとって費用対効果に優れます。彼らは引き続き、ビジネスに利益をもたらすユースケースを判断し、ビジネスニーズに合わせて製品とサービスを照合するためのプロバイダを必要とします。しかし、新しいデータを活用できる人は、収益性の高い中小企業向けマーケティングモデルを構築する際に競争上の優位性があると言えます。

元記事はこちら: 6 ways IoT will make local search for SMBs scalable