【動画】VMware、IoTインフラストラクチャ管理ソリューションを発表

VMware社が提供するPulse IoT Centerは、安全で企業向けのIoTインフラ管理ソリューションを作り出します。OTとITがIoTユースケースをサポートする事で、IoTの複雑さを簡易化し、IoTの信頼性を高める事ができます。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

企業が改善されていく中で、デジタル技術を使う事でより効率的になります。

モノのインターネットは、デジタル移行をするのにとても重要な役割を果たしています。

モノのインターネット、又はIoTはセンサーやスマートデバイスを使用して以前には出来なかったこの世界に関する新しいタイプのデータを収集する能力を提供します。

風力発電機からのデータ、トラック、フリート、建物、車、そして工場などは事業の運営などを改善し、新しい製品とサービスを提供するために使用されています。

一部の人は、「これが新しい産業革命の始まりだ」と言っています。

IoTは2020年までに300億以上の規模になると予測されています。

顧客がIoTのユースケースを拡張するにつれ、大きな課題にぶち当たっています。

何千もの異なるシステムをシンプルに無人で管理出来る方法を企業は探していました。

VMwareは新しいタイプのIoTソリューションを提供します。VMware Pulse IoT Centerです。

VMware Pulse IoT Centerは安全な企業向けに出されているエンドツーエンドインフラ管理ソリューションで、OT、ITの両方を支援します。

エッジからクラウドまでのIoTの全てを保護し、管理します。

VMware Pulse IoT Centerはデバイス管理、インフラ分析、セキュリティおよびクラウド管理の専門知識を活用して、企業がIoTの複雑さを抱える事を軽減し、IoTインフラの信頼性とセキュリティを高め、投資をより有効的に使います。

VMwareは小売、銀行、ヘルスケア、製造工場などのデータとより深く結びつき、様々なデバイスを使用してIoTの規模、安全性に確実に対応しています。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
【IoTレポート】通信インフラストラクチャ、ネットワーク技術、チップセットタイプ、アプリケーション、および地理による5G... 世界のIoTに関するレポート公開中