【動画】IoT Builderの紹介

IoT Builderを使用して様々なプロジェクトを作成し、タブレットやスマートフォンから制御する方法について紹介します。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Visual DesignerのIoT BuilderはIoT製品の開発をより簡単にします。

今回は、LEDライトの点灯を例とします。
まず最初に、プロジェクト作成の際にArduino Yunを選択します。

次に、ギャラリーからLEDの基盤となるものを選択します。これは、回路図上にLEDを自動的に設置し、LEDとAdrenoベースボード間の接続がされます。

次に、GUIパネルのデザインを行います。IoTコントロールコマンドを起動させ、あなたの好みのデザインを選択します。今回は、一つのボタンでLEDの制御を行うので、ボタンは一つだけにします。

次に、モバイルコントロールの為のフロントパネルの設定をします。好みのバックグラウンド画像を選択し、パネルにボタンをドラッグ・アンド・ドロップします。

パネル上では、ボタンなどの大きさも変えることが可能です。
フローチャートエディターでは、LEDを点灯させる為の理論回路を設定します。ボタンの状態によって変動するように設定します。

プログラムが正常に動いているかを確認する為に、テストする事も出来ます。

無料のIoTコントローラーアプリでは、タブレットやスマートフォンから操作する事が出来ます。

プログラムが正常に作動するかを確認する際は、実際にLEDライトを用意して確認する事が出来ます。

この作業の流れは、LEDの点灯だけではなく、遠隔地の気象観測所からデータが記録されているかなども同じ工程で作動させることが可能です。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
スポンサーリンク