【先週のSNSトレンド】話題のハウツー記事まとめ|5月1日火曜日

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。火曜日は話題な「ハウツー記事」です。

製造業のスマートファクトリーIoTが与えるインパクトを測る方法

IoTのおかげで、製造業の工場責任者は、生産性、フレキシビリティ、そして品質の高いオペレーションを実施する機会を得ています。
製造業の工場は、以前より格段に大きな規模で稼動しており、24時間体制の工場では、ダウンタイムは一分間で2万ドルの損失を生んでいます。
IoTには、パズルを完成する為の大きなピースとしての機能が期待されています。
インテリジェントセンサーが機械に埋め込まれ、それによって更にインテリジェントは製造環境を作り出しています。
コネクティビティも、工場のコントローラーを超え、在庫や工場で稼動しているロボットなどにも及んでいます。
理想的な形では、IoTは通常リアルタイムの解析とクラウドサービス機能を持つコネクティビティで、製造のアウトプットの向上、フレキシブルな製造、経費削減やシステムやネットワークの統合などを可能にします。

話題の元記事はこちら: How to Measure IoT’s Impact on Manufacturing’s “Smart Factories”

Samsung PayのPayPalサポート開始

Samsungは、昨年7月にPayPalを自社のモバイルペイメントソリューション、Samsung Pay、に統合すると発表しました。しかしこれが実際にアメリカで実装されたのは、先月のことです。
ようやく今日から、Samsung Payユーザーは自分のPayPalアカウントをアプリにロードして、アプリショップ、オンライン、ショップでの支払いに利用することが出来るようになりました。
更に、PayPalアカウントから利用した金額に対しても、Samsung Rewardsの対象になります。
PayPalをSamsung Payの支払いオプションに追加する方法は、以下のようになります。

  • Samsung Payホーム画面の+アイコンをタップ
  • 支払いカードを追加、セクションで、PayPalを追加、を選択
  • Samsung Payパスコードを入力
  • 次に、を選びストアでの購入の際に使用するピンコードを設定
  • PayPalアカウントのトップアップの際の方法を選択
  • 合意して次に進む、を選択

話題の元記事はこちら: Samsung Pay finally rolling out PayPal support – Here is how to set it up – IoT Gadgets

産業型IoT、4つの課題

エンドサイドでプロセスされるシステムやセンサーが、情報をシェアするようなスマートな世界を実現する挑戦が続いています。システム同士を接続することで、ビジネスはより良いインフォームドデシジョンを行うことが出来ます。
産業型IoT(IIoT)は相互に接続されたシステム、プラットフォーム、実際のもの、そしてアプリのネットワークを指し、それが相互及び外部環境と交信するようにプログラミングされています。
更にIndustry 4.0ではデータを予測解析に利用し、機械のダウンタイムを最小限に抑え、リモートでの在庫とアセット管理を可能にします。
しかし、これにもいくつかの課題があります。

  1. 規制の欠如
  2. 企業からデータを保護する
  3. サプライチェーン・インテグリティ
  4. 法規制

IoTがクラウド、ビックデータ、スマホやソーシャルネットワークを包括し、最先端のセンサーやデバイスを提供するようになる可能性は大です。これが実現したら、IoTは既存のビジネスモデルと収入源を変える、堅牢なアプリとユーズケースを提供するようになります。
更に、流通トレンドの変更に伴い、一定の産業や市場や製品に脅威を与えるようになるかもしれません。

話題の元記事はこちら: Four big challenges for the industrial Internet of Things – IoT Now – How to run an IoT enabled business

市場で売られているIoTセンサーデータの正確性をどう判断するか

DataBroker DAOのマーケットプレースで表示されているセンサーやデータの品質をどのように検証しますか? 
このビデオで、IoTセンサーデータが取引されている最初の分散化されたマーケットプレースで売られているハイクオリティデータに対するDataBroker DAOのアプローチを紹介します。

話題の元記事はこちら: Frank Van Geertruyden: How to guarantee quality of data sold on a market for IoT sensor data?

IoTトランスポートのヒューマンサイド

IoTとAIの益々の成長を受け、評論家の中には、私たちは“ポストヒューマン”の時代に入ったと言う人もいます。これは一部の人に恐怖を呼び起こしましたが、IoTとAIには、まだまだニューマンタッチが必要です。
IoTデバイスとシステムはデータを確実に収集することができますが、これを収集し、解釈している人間の質が、全ての鍵を握っています。
例えば、現在ほとんど全ての航空機は自動飛行が出来ますが、ハドソン川に飛行機を安全に着水させたCaptain Sullyのような人物の判断力が、IoTをよりよく機能させるためにも必要となります。
ビックデータが台頭しだした頃には、データサイエンティストの不足が深刻な問題となりました。IoTセンサーは指示されたデータを指示された方法で送受信することは出来ますが、そこにはやはり人間からの正しい指示が必要となります。

話題の元記事はこちら: The human side of IoT Transport – IoT Now – How to run an IoT enabled business