【ソフトウェアDB集】MIMIC® IoT Simulator – MQTT, CoAP, Modbus, HTTP, HTTPS, REST

MIMIC® IoT Simulator – MQTT, CoAP, Modbus, HTTP, HTTPS, RESTとは?

MIMIC IoTシミュレータは、数千のIoTセンサとデバイスを備えたテストラボを作成します。これは、IoTアプリケーション、ミドルウェア、ブローカ、ロードバランサ、およびクライアントが必要とするすべてのプロトコルをカバーする一連のシミュレータです。 MIMICにより、センサ、デバイス、アプリケーションのサプライヤは、仮想的でスケーラブルなネットワーク環境において、セキュアな接続を使用してアプリケーションを設計、開発、テストすることができます。 MIMICを使用することで、顧客は、異機種間環境に配備され、アプリケーションが接続、トピック、およびさまざまな種類のメッセージのスケールを適切に処理して正常に動作することを保証できます。また、さまざまなベンチマークを作成して、センサ、メッセージ量、トピックのスケーラビリティを示すこともできます。

互換プロトコル:MQTT、CoAP、Modbus、HTTP、HTTPS、REST

技術サポート:
電話番号:603 881 3500
Eメール:support@gambitcomm.com

機能性および効果

  • 数千のパブリッシャーとサブスクライバーをシミュレートします
    – 独自のIPアドレス、ポート、クライアントID、および認証
    – 各パブリッシャーは、複数のユニークなトピックにパブリッシュできます
    – ワイルドカードのトピックを含む複数のユニークなトピックを購読できます
    – 各パブリッシャーもサブスクライバーになることができます。
  • TLSにより保護された接続を使用して、ブローカ、ロードバランサ、およびクライアントに接続します。
  • すべての接続に認証済みのメッセージを含める。
  • さまざまなQoSレベルのメッセージを送信する。
  • セキュリティをテストするために、さまざまなメッセージの長さ、異なる頻度または悪意のある情報を含むメッセージを送信する。
  • 必要に応じて接続と再接続を設定します。
  • 障害のあるセンサーネットワークをシミュレートして、アプリケーションのセキュリティを検証する
  • ブローカ経由でパブリッシャからサブスクライバに送信されるメッセージのエンドツーエンドの遅延(レイテンシ)を監視します。

直近の話題なニュース

各種データ

提供会社 Gambit Communications
ソフトウェアカテゴリ IoTアプリケーション
OS Linux,Webブラウザ(OSに依存しない),Windows
ライセンスタイ インストール,SaaS(ウェブベース)
ローンチ 1995年6月
最後のアップデート 2016年9月
ウェブサイト http://www.gambitcomm.com/site/iot_simulator.php
インストールマニュアル http://www.gambitcomm.com/site/download-support.php
サポート http://www.gambitcomm.com/site/inforequest.php
関連する動画

導入事例

  • Cisco: シスコのテストエンジニアは、多くのシスコルータ、スイッチ、Cisco VOIP、およびサードパーティ製の電話機でMIMICを使用してスケーラブルな環境を構築しました。
  • Vistara: VistaraはMIMIC Simulatorを2つの別々の環境で利用しています.1つは品質保証のためのラボであり、もう1つは製品デモンストレーションとCustomer Trial環境です。

情報の更新: 2018年04月27日現在