【動画】IBM Watson IoTを保険会社に

保険会社はどうしたら日々コストの節約が出来るかを考えています。年間200億ドルもの費用が使われているのは致命的です。IBMの技術を使い、災害を予測する事で被害を最小限にする取り組みが行われています。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

保険会社が事業を行う上で最も費用のかかる部分は、在宅所有者請求を処理する事です。コストを節約する為には、先を見越した行動をする事が必要不可欠です。

ですが、先を見越した行動をする事はとても難しくコストがかかります。全ての在宅所有者の請求の51%は風や雹、そして水害によるものです。これらの災害は事前に予測する事はできませんし、年間200億ドルもの費用が使われています。

もし、このような災害を予測する事が可能だったらどうでしょう?水害賠償請求を軽減、あるいは排除する方法があったらどうでしょうか?

彼女は、テイラーです。水を使用している家電(冷蔵庫、洗濯機、浄水器など)には、保険会社によって漏水センサーが設置されています。さらに、メインの水道に遮断弁が設置されています。

これらのセンサーは、天候による家電のダメージを検知します。センサーのデータは保険会社に送信されます。

水漏れが検出されると、いつでもその旨が彼女に通知され、即修理をする事が出来ます。

もし、家主が家にいない場合は、保険会社が一時的に水道を止める事で被害を最小限に抑えることが出来ます。

この、IoT搭載シールドはIBMによって開発され、家主、そして保険会社の負担を軽減します。

さらに、IBMは天気のデータから、災害を予測します。例えば、気象会社からのリアルタイムの天気通知などは、水害を予測する事が出来ます。

IBM Watson IoTの技術を活用し、保険会社の為に設計されているため、このようなことが可能となりました。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
デジタル化が進む自動車産業に統合されるゲーミフィケーション技術。その概念と先進技術の調査、分析 世界のIoTに関するレポート公開中