Prophesee、イベントベースのマシンビジョンを実装するための最初のリファレンスシステムであるオンボード™を発表

オンボード™リファレンスシステムは、Propheseeの革新的なバイオインスパイアされたAIベースのテクノロジーにより、生産性と安全性を向上させ、未開発のパフォーマンスと効率の可能性を製品開発者が探求するのに役立ちます。

最先端のニューロモルフィックビジョンシステムの発明者であるProphesee SA(旧Chronocam)は本日、画期的なイベントベースのビジョンテクノロジをマシンに導入した最初の商用実装を発表しました。Onboard™リファレンスシステムは、ロボット、検査装置、監視および監視装置などのビジョン対応産業オートメーションシステムの開発者を対象としています。これはProphesee対応のVGA解像度カメラとクアルコムのSnapdragon™プロセッサを組み合わせたもので、プロダクションカメラシステムの設計にすばやく統合できます。
市場予測者は、2017年には79億1,000万米ドルと評価し、2027年には2017年から2023年の間に7.61%のCAGR(出典:研究と市場)に達すると予測しています。この成長の要因には、品質検査と自動化、AIIoT統合マシンビジョンシステムへの需要の高まり、インダストリアル4.0技術の採用の増加、新しい接続技術の開発、予測保守に対する要求の高まり、スマートファクトリーがあげられます。

オンボードリファレンスシステムは、エリアモニタリング、高速カウント、振動測定、リアルタイムアーク溶接モニタリングなどのさまざまな使用モデルに対してPropheseeのニューロモルフィックビジョンテクノロジを最適に実装するためのガイドを開発者に提供します。Propheseeの画像データ取得および処理ソリューションを利用したマシンビジョンシステムは、個々のピクセルの視野内で変化するイベントをキャプチャすること(および冗長データの送信を回避する)に基づいたバイオインスパイアされたアプローチを採用している同社の独自の技術に基づいている計算能力、帯域幅、メモリ、およびエネルギーが含まれます。
イベントベースのアプローチはまた、センサーが一般に高速ビジョンと関連するよりもはるかに高いダイナミックレンジを達成することを可能にします。また、従来のカメラに10,000フレーム/秒以上の速度で動作させる必要のあるイベントを、費用効率の高いセンサーやシステムで記録することができます。
PropheseeのCEOで共同設立者のLuca Verreは次のように述べています。

「当社の技術は数年間かけて開発されており、開発者が特定の製品要件に使用できる最初の具体的な実装を実証することができます。「私たちは、イベントベースのセンシングの固有の効率が、企業がマシンビジョンをより広く展開できるようにし、高フレームレートでカメラを使用して高速ビジョンを実現する場合、大量の(冗長な)データを扱う必要がなくなったと確信しています。パフォーマンスと効率性を組み合わせることで、生産ラインのスピードアップ、品質監視の改善、生産環境におけるより良い、より安全なヒューマン/マシンコラボレーションの促進に役立ちます。」

このソリューションは、モニタリングやサーベイランスにも適しています。ビジョンセンサーの高いダイナミックレンジにより、従来のフレームベースのアプローチよりもはるかに少ないデータを生成し、シーン解析処理の計算負担を軽減しながら、難しい照明環境での操作が可能になります。
Propheseeのソリューションは、生産ラインの品質評価を加速するなど、幅広い産業用途の改善を目指しています。高速検査システムのための再較正の削減、より良い人間のコラボレーションを可能にするためのロボットの位置決め、感知および移動ガイダンス(例えば、振動、運動学的偏差によって引き起こされる)機器の監視によって、システムを予測的な保守および機械のダウンタイムの低減のための資産にします。

オンボード™仕様

オンボード™リファレンスシステムは、3/4 “オプティカルフォーマットの15μmピクセルのVGA解像度、640 x 480ピクセルセンサで構成されています。
Propheseeビジョンセンサーのダイナミックレンジは120dB以上で、シーン照明の100ミリラウスまで動作することができます。センサーは、サブミリ秒の時間分解能のおかげで、非常に速い動きを捕らえることができます。
Onboard™リファレンスシステムは、イーサネット、USB、HDMI、Wi-Fiなどの包括的な接続オプションをサポートしています。

Propheseeについて

Prophesee(旧Chronocam)は、Ryad Benosman、Bernard Gilly、Christoph Posch、Luca Verreによって2014年にiBionext Start-Up Studio(パリ)内に設立されました。カルテットは、イメージセンシング、ニューロモルフィックコンピューティング、VLSIデザイン、起業家精神およびビジネス開発における強力な経験をもたらします。人間の目や脳を模倣した独自のイベントベースの方法は、シーンの最も有用で関連性の高い要素のみを選択し、従来のフレームベースのシステムで課された電力、待ち時間、およびデータ処理要件を削減します。
Propheseeのセンサーとカメラシステムは、自律車両、産業オートメーション、IoTセキュリティと監視、AR / VRなどの分野で広大な新しい可能性を開きます。そのソリューションは、幅広い使用モデルにわたって安全性、信頼性効率、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。
PropheseeはパリのPassage de l’Innovationに拠点を置き、日本と米国の地方事務所を擁し、60人の先見的かつ世界的なエンジニアチームによって推進され、20以上の国際特許を持ち、360 Capital Partners、スーパーノバ・インベストメント、iBionext、インテルキャピタル、ルノー・グループ、ロバート・ボッシュ・ベンチャー・キャピタルがあります。詳細はhttp://www.prophesee.aiをご覧ください。

プレス連絡先
Wired Island PR
Toni Sottak
toni@wiredislandpr.com
+1 408 876 4418
Image 7
Charlotte Mouraret
cmouraret@image7.fr
+33 (0)6 89 87 62 17
Romain Grière
rgriere@image7.fr

原文はこちら: Prophesee introduces Onboard™, its first reference system for implementing breakthrough event-based machine vision in Industry 4.0 applications

インダストリー4.0テクノロジ市場2023年に214億ドルに達すると予測。市場の変化の詳細と懸念要素 世界のIoTに関するレポート公開中