【ソフトウェアDB集】CitiWorx Sensing Platform

CitiWorx Sensing Platformとは?

長距離センシングハードウェア、クラウドアナリティクス、およびリアルタイムビジュアリゼーション
現代の都市では、人口の増加と限られた資源の需要への対応が求められ、また、公害の防止とよりクリーンで安全、健康的な環境の確保も同時に求められます。

CitiWorxは、機器、看板、センサー、主要業績評価指標(KPI)など、膨大な数の資産をリアルタイムで監視するためのクラウドベースのソリューションで構成されています。このシステムは、車両や公共交通などのリソースを監視するための重要なツールセットも提供します。ユーザーは、Webブラウザまたはタブレットなどのモバイルデバイスを使用してシステムにアクセスできます。

機能性および効果

CitiWorxはMicrosoft Azure上に構築され、OPC UAを使用した情報モデリングを通じて数百万の資産をサポートすることができます。豊富な開発ツールと設計ツール、API、およびユーティリティにより、多くの機能を持ったソリューションを早く展開できます。
B-Scada開発チームは、さまざまな情報源からのリアルタイムデータを様々なソリューションに統合し、意思決定者に与えるという豊富な経験を持っています。 B-Scadaのパートナーエコシステムには、ハードウェアとセンサー、システムインテグレータ、エンジニアなどの世界クラスのサプライヤが含まれているので、困難なプロジェクトのニーズにも対応することができます。

直近の話題なニュース

各種データ

提供会社 B-SCADA
ソフトウェアカテゴリ IoTアプリケーション
OS Webブラウザ(OSに依存しない)
ライセンスタイプ サブスクリプション/SaaS(ウェブベース)
ウェブサイト http://scada.com/Software/CitiWorx
インストールマニュアル http://scadauniversity.com/Home/Download
サポート http://scadauniversity.com/Home/Support
関連する動画

情報の更新: 2018年04月26日現在

製造業に多大な影響を与えているIIoT。その各分野での実装例と将来の成長予測について 世界のIoTに関するレポート公開中