モノのインターネット(IoT):あらゆる企業が実践すべきIoTの5つの重要な用途

モノのインターネット(IoT)とは、毎日、オブジェクトがデータを作成し、またインターネットに接続していることを意味します。結果としてより多くのデータを得ることができます。 10年前には想像もできない方法で使用することのできるデータです。現在では、時計は私たちの睡眠や運動を監視し、テレビは私たちの言うことを理解し、ゴルフクラブはスイングを改善する方法を教え、さらに、車や飛行機、船は自動での運転が可能となりました。

現在、約150億個のIoTデバイスがあります。 2020年までに、インターネットに接続されているデバイス数は50〜700億個に増加すると予測されています。これは、これらのデバイスの使用方法と、それが生成するデータが無限であるということを意味しています。
しかし問題もあります。IoTがあまりにも大きな規模となり、企業が圧倒され、多くのことを失うのも簡単になってしまいました。

それらの企業はIoTをどこから始めればいいでしょうか。また、どのように使用するのがベストでしょうか?
これはIoTに関するとても重要な疑問のほんの一部です。残念なことに、多くの企業はIoTの勢いに乗っていますが、それがビジネス戦略にどのように関連しているのか、またどのようにビジネス価値を最大化できるのかをあまり考えていません。

私は全ての企業がIoTとそれが生成するデータをどのように使用し戦略、またはビジネスを推進していくかを優先して決める必要があると提案します。
私の著書「データ戦略:ビッグデータ、分析、IoTの世界から利益を上げる方法」にて、企業がIoTを使用できる5つの重要な方法を著しました。

一般に、ビジネスでのIoTの主な用途は次のとおりです。

  1. 意思決定を改善する
  2. 顧客を理解する
  3. 新しい顧客価値提案を提供する
  4. 操作の改善と最適化
  5. 収入を生み出し、ビジネスの価値を高める

それではそれぞれを詳しく見てみましょう。

意思決定を改善する

IoTセンサーやデバイスからの膨大な量の新しいデータは、現在世界中で生成されているビッグデータという大規模なプールに追加され、インテリジェントな企業はこのデータを使用して戦略的および運用上の意思決定に役立たせることができます。
戦略的な意思決定とは、企業の上役が企業の重要な方針を特定するものです。
業務上の意思決定とは、データや分析を組織内の全員で使用し、業務の流れなどを決めるものです。

顧客の理解を深める

ますます多くの企業が、顧客の行動や好みに直接関係するIoT対応製品を開発しています。例えば、Fitbitは、私たちがどれだけ運動しているか、私たちの通常の睡眠パターンがどのようなものかデータを持っています。。サムスンは、スマートテレビからそのテレビの使用データを収集することができます。エレベーターの製造元であるKoneは、顧客がエレベーターをどのように使用しているかを知り、ロールスロイスは航空会社がジェットエンジンをどのように使用するかを知っています。IoTデバイスを作っていない企業でも、他の人々のデバイスから集められたデータにアクセスすることができます。これらのデータを正確に使用すると、企業はこれらのインサイトを活用してより迅速かつより良いビジネス上の意思決定を行うことができます。アナリストは、データを集約することで、トレンドを探し、新しいビジネスチャンスを特定することができると言います。

新しい顧客価値提案を提供する


顧客をよりよく理解するため一歩前進するにはIoTデバイスを使用するだけでなく、それを提供する側になることです。
例えば、トラクターおよび農業機械製造業者のJohn Deereは、さまざまな方法でIoTを使用して、顧客に新しく革新的な製品およびサービスを提供しています。自走式トラクターからインテリジェントな農業ソリューションまで、センサーは土壌の健康と作物レベルを継続的に監視し、使用する肥料や作物を植え付けるためのアドバイスを提供します。

操作の改善と最適化


すべてのIoTデバイスから生成されたデータを使用して、企業の運営方法を改善することもできます。工場を自動化し、内部プロセスの効率を向上させることができます。
タクシードライバとユーザーを接続する乗車予約サービスアプリであるUberは、センサやスマートフォンのデータを使用してリアルタイムで交通状況や混雑状況を監視するアルゴリズムを開発しました。
このリアルタイムデータは、企業がその時点の需要に基づいて金額を調整できるだけでなく、ドライバーの管理にも役立ちます。
需要が高ければドライバーをそちらに向かわせ対応をさせることができ、低い場合には家で待機させることができます。
また。素晴らしい例の一つとしてロールス・ロイスの工場があります。その製造システムはIoT環境でネットワーク化されています。シンガポールの工場では、生産する個々のファンブレードごとに半テラバイトの製造データを生成します。彼らは、企業の成功に不可欠な品質管理の目的で、このデータを使用します。

収入を得てビジネスの価値を高める


私たちのIoTデバイスが生成するデータとインサイトは、非常に貴重なものです。この価値を評価する最も直接的な方法は、データやインサイトを他人に販売することです。 Googleのネストは素晴らしい例です。消費者からのリアルタイムのエネルギー使用データを収集しており、これらのインサイトを電力会社や関係者に売ることができるようになりました。

直接的な収入以外にも、それを使用するデータと企業の能力は、現代の企業にとって最も重要な資産の1つです。データは、人的資本や在庫などの他の資産の場合と同じように、管理し、会計処理するのと同じくらい重要なビジネス資産です。データ資産が貴社の価値の下限を補うだけでなく、収集したデータにお金を払いアクセスする企業や、データに付加価値を見出す企業もあります。

IoTの発展が遅くなることはないでしょう、しかし、組織がより速く開発し、戦略を実行するほど、将来はより安全になります。

原文はこちら: Internet Of Things (IoT): 5 Essential Ways Every Company Should Use It