ELSE CorpとATOM Lab 、「RoboShop と RoboShoe 2018 ROADSHOW」を発表

ELSE Corp – バーチャルリテイルカンパニーとAtom Labは、イタリアの様々な都市で開催される一連の見本市やイベントでナレーションを発揮し、実証された産業オープンイノベーションの真のケースである「シューズ4.0の将来:RoboShopからフアクトリーオンデマンド」を発表しました。最初のセッションは、第4回産業革命の包括的な概要を提供するロボットプロセスの自動化と計測のベストを集めるA&T、オートメーション&テスト展示会のために、4月18日から20日までトリノで開催されます。次の会合は、5月17日から19日にミラノで開催されるテクノロジーハブ(革新的な技術を開発する企業に可視性を提供するために設計されたB2Bイベント)です。ロードショーは、5月22日から24日まで、パルマで終了します。SPS IPCドライブイタリアでは、産業オートメーションとデジタル化の重要なイベントです。

ELSE Corpは、2つのパートナー、新しい生産方法のための革新的な技術とプロジェクトを開発するATOMグループのATOM LabATOMグループの一員である靴屋®インターナショナルと協力して、 2次元および3次元のフットウェアモデルを実現する革新的なCAD / CAMシステムは、SIMAC Tanning Techで2年連続のユニークなプロジェクト「未来のファクトリー」を発表しました。靴、革製品、日焼けのための機械と技術の最も有資格の提供による国際的なイベントです。

ジャストインタイムハイブリッド生産(切断と縫製、3D印刷とロボット組立)に焦点を当てた最初のバージョンである「ファクトリーオンデマンド2017」は、Simac Tanning Tech 2017で発表されました。製品デザインから小売まで、そしてカスタム販売からモジュール式およびオンデマンド型の生産まで、大規模なカスタマイズされたフットウェア業界向けのクラウドにおける産業向け3D CADの将来の展望を示す機会を提供します。翌年、Simac Tanning Tech 2018では、「バーチャルリテール」ビジネスモデルに基づくフットウェア業界の未来のためのプロトタイプのプロジェクトのアップデート版を提案しました。これは、価値全体のデジタル変換戦略ですファッション、美容分野のチェーン。インダストリー4.0にバーチャルリテールを組み込むことにより、プロジェクトはカスタムフットウェアの配布と生産の過程で産業用3D CADを統合しました。将来のファクトリーである「ロボショップ2018」は、購買とパーソナライゼーションの経験を生きるために生きること、顧客の靴を生産すること、そして「カスタマイズされたアセンブル・トゥ・オーダー」 – 靴の製造を急いで行う。この設定は、靴屋のロボシューズ™2017/2018コレクションの3D CADモデリングの最初の段階から、ELSE Corpのelse.shoes™プラットフォームでのカスタマイズとオーダー処理まで、ロボットの生産と組み立てまで、完全にデジタル化され顧客の直接の参加で店内で行われます。

持続可能なフットプリントを持つプロジェクトで、履物の未来に向かっており、現在は履物セクターでも行われているマスカスタマイズのコンセプトを実装しています。

ELSE Corpは、ATOMグループとのこの重要な道筋をさらに強化する準備が整いました。
リテール、マス・カスタマイゼーション、インダストリー4.0の未来を一般に公開します。

連絡先
ELSE Corp
Andrey Golub
+39 024815794
連絡先
http://www.else-corp.com/

原文はこちら: ELSE Corp and ATOM Lab Present the “RoboShop and RoboShoe 2018 ROADSHOW”

様々な分野で使われるAI。消費者、企業、政府部門の154のユースケースと29の業種における市場予測 世界のIoTに関するレポート公開中