【日本海外事例集】TerraDroneとLG U+が韓国で最初のUTMシステムを開始

世界トップの無人航空機(UAV)サービス会社である日本TerraDroneは、韓国LGの子会社であるLG U+との共同で世界初となる無人交通管理(UTM)システムを開始しました。このUTMシステムにより、BVLOS(beyond visual line of sight、目視見通し外)でドローンの位置を確認することが可能になりました。ユーザーは、PC、タブレット、スマートフォンなどのさまざまなポータブルデバイスを介してUTMシステムに接続できます。ドローンが撮影した高品質のフルHD画像は、IPTVを通じてリアルタイムで見ることができます。

2017年11月21日、LG U+のクォン・ヨンソ最高経営責任者(CEO)は、BVLOS(beyond visual line of sight、目視見通し外)や夜間での災害監視や物流輸送のためにドローンを安全に飛ばすことができるU+スマートドロンUTMシステムの発売を発表しました。

自律ドローンは3分で迷子を見つけた

UTMシステムのデモンストレーションでは、自律的なドローンが離れた場所から離陸し、目的地でその任務を果たし、自動でコントロールセンターに戻りました。デモンストレーションでは、ソウルのカミワコロ公園でにいる赤いジャケットを着た6歳の男の子を見つけることでした。ドローンは3分の遠隔飛行の後にその子供を見つけることができました。ドローンは、コントロールセンターに安全に戻る前に、迷子の子供の位置に関するリアルタイム情報を近くの担当者に送りました。

LG U+の運営責任者、クォン・ヨンフン(Kwon Yeon Hoon)は、短時間でサッカースタジアムの約20倍もあるUwawa-kyo Parkのような広い範囲を捜索するにはドローン以外の解決策はないとコメントしました。UTMシステムの使用は社会に大きく貢献することが期待されます。

100km離れた遠隔飛行

UTMシステムでは、電波強度、ドローンの飛行速度、電池残量および天気情報などの現地の条件の評価をし、風向、風速、湿度、温度などの情報を表示します。また、ドローンの飛行経路の緯度と経度の情報も表示されます。

LG U+スマートドローンUTMシステムは、ネットワークが接続されており、離陸からドローンが戻るまでのプロセス全体を自律的に実行できるようにすることで、ユーザーが100km離れた場所からでもドローンを遠隔制御することができます。

さらに複数の人がそのドローンを同時に監視することも可能です。複数のドローンに対して同じ飛行計画を実行することができ、さまざまな産業分野で効率的なドローン制御システムを提供します。

最適化された機能

U+スマートドローンUTMシステムの機能の1つとして、ドローンは他のドローン、航空機または鳥を認識すると自動で飛行を停止します。緊急時には、ドローンはパラシュートを利用して安全な場所に着陸します。

世界初のユニークな機能として、ドローンによってキャプチャされたデータは、IPTV経由でフルハイビジョン(HD)ビデオとしてリアルタイムで表示できます。5Gが可能になれば、LTEよりも10倍の速さでデータを転送することができ、無人機で送信された高画質の画像を遅延なくリアルタイムに取得することができます。

LG U+は、韓国の3大通信会社の1つであり、5G時代をリードする商用飛行機事業に本格的に参入しました。

原文はこちら: Terra Drone and LG U+ Launch First UTM System in South Korea

幅広い業界に影響を与えるブロックチェーン。市場の動向、テクノロジーの問題、主要な使用事例を調査 世界のIoTに関するレポート公開中