【動画】Dell、IoT部門を新たに開設

Dellは、IoTに対しての視野を広げ、新しいIoT製品などを創出するIoT部門を新たに開設しました。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Ray O’Farrell氏はこう言っています。

「IoT部門の新設は我々にとってとても大きな出来事です。Dellは今までにDell EMCなどに力を入れていましたが、現在、DellではIoTをいかに安全に提供することができるかということを考えています。また、他の企業とパートナーシップを結ぶ事でよりIoTの良さを強化する事が出来るようにこれからなるでしょう。VMwareは、ゲートウェイとデバイスを管理する最良な方法について考えています。そして、常にソフトウェアのアップデートをする事が最適な改善策だと導き出しました。今まではIoTデバイスがサイバー攻撃などの脅威にさらされる事は仕方ない事となっていましたが、今は改善策を考え常に試行錯誤しています。

Dellのエクスパンダファームウェアは、Linuxのオープンソース形式のファームウェアでプラグインソリューションの最適な方法を導き出してくれます。このプロジェクトには、60もの会社が携わっています。」

質問:パートナーシップでは、どのような事が行われますか?

「PowerEdgeサーバーでのパートナーシップでは、他の企業と協力してゲートウェイの開発を行っています。また、IoTの技術をどのように使うかなど、パートナー同士で意見の交換をしています。そして、Dellのシステムや技術を使ってどのようにIoTソリューションを開発するかについての議論が行われました。」

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方