【動画】Pentaho IoT解析のデモ

オープンソースのPentahoを使う事で、データの統合をよりスムーズに行うことが出来ます。ビデオでは、Pentahoのデモを行っています。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Pentahoは、ビッグデータの統合、分析を行うことのできるソフトウェアを提供している会社です。

Pentahoは、6年間にわたり、様々な企業と協力して構造化データ、または非構造化データからビジネスの強化に務めてきました。
IoTビッグデータを扱っており、ビジネスに成果を与えます。

Pentahoプラットフォームはインサイトに焦点を当てています。インサイトは、データの検証とクリーニング、データの処理、機械学習モデルの調整、結果の視覚化などから得ることができます。

フリートマネジメントは様々な顧客に使われています。
フリートマネジメントにより、乗り物の状態のモニターや、故障などの問題の予知、サービスセンターを自動的に探したり、必要な情報を事前に送信する事がとても簡単に出来ます。

これらの事によって、予定外の作業中止期間を減らすことができ、営業経費の削減にもなります。
では、実際にデモを行ってみましょう。デモではフリートマネージャーを使います。

フリートは、機械が故障してしまう前に問題を特定します。そして、トラックの輸送状況を表示します。

ダッシュボード上には登録されている車両の位置などが表示されます。
もちろん、それぞれの車両単体の状態も見ることが出来ます。赤色で表示されているのは、とても注意が必要な場合です。

さらによく見てみましょう。
一つの車両には、複数のセンサーがついています。センサーは、蓄積量、タイヤの空気圧、軸振動、ヘッドライトのステータス、エンジンの温度、スピードなどを計測しています。

リアルタイムデータを確認する事はもちろん良いことですが、乗り物の状態を把握する為には、時間の経過とともにデータを見る必要があります。

今回だと、数日間のデータを見る必要があります。
最近数日の間に、タイヤの空気圧が激しく変化していることが分かります。これは、タイヤの空気圧の正常値から大きく外れている事を意味します。

そして、予測メンテンテナンスを見ると、今後数日間で故障の可能性が非常に高まることが分かります。その為、すぐに対応をする必要があります。

Pentahoは、車両の位置から一番近いサービスセンターを探し、修理の予約を取る事が出来ます。
さらに必要な部品の情報を予めサービスセンターに送信しておく事も出来ます。

車両がサービスセンターに着く前に、技術者はどんな対応が必要なのかを把握する事ができ迅速に修理が行えます。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方