【動画】IoTオープンソースハードウェアプラットフォームのmangOH™ Red

mangOH Redは、小型で低コストで設置が出来るオープンソースのハードウェアプラットフォームです。プロトタイプ(試作)から正規製品化まで、mangOH RedはワイヤレスIoTソリューションを構築するためのプラットフォームの提供をします。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

プロトタイプ作成用に設計され、低消費電力のワイヤレス製品を構築する為に、mangOH Redは市場を革新します。

固定電源がなくても設置出来るIoTデバイスが増えるにつれて、バッテリーやソーラーパネルは長年データを送信し続ける必要があります。

ですが、低消費電力に最適化するのはとても難しく簡単な事ではありません。
mangOHは低電力モードに対応し、わずか5マイクロアンペアの電流で駆動します。

これから先、どのような技術がIoTに取り入れられ一般的になってくるか分からなくても、mangOH Redは全てのワイヤレス規格、センサー規格にも対応する事が出来ます。

さらに、26ピンのRaspberry Piを使用する事で複数の規格と接続する事が出来ます。そして、3Dプリンターを使う事でプロトタイプを簡単にテスト出来るようにしました。

オープンソースのLegato Linuxプラットフォームでは、すぐにソフトウェアを作成する事が出来ます。

LinuxプラットフォームはIoTコネクタまたはRasberry Piシールドを接続するのに必要なドライバを自動的にダウンロードします、従って、データの送受信を直ちに開始出来ます。

mangOH Redは世界中の2G、3G、または4G LTEモバイルネットワークに接続する事が出来ます。

CF3ベースのワイヤレスモジュールによってlegatoプラットフォームがネットワークへのアクセスを許可します。

ビルトインされているWi-Fi、またはBluetoothによって、モバイルネットワーク接続に関する専門知識なしでワイヤレス製品を開発する事が出来ます。

mangOH Redはセンサーデータをクラウドに送信します。ビルトインライブラリ(built-in libraries)によってAirVantageやその他のクラウドプラットフォームにデータを安全に送信する事が出来ます。

大容量のデータ・ストレージとWebベースのAPIを使用すると、他のクラウドアプリケーションやWebアプリケーションに簡単に統合する事が出来ます。

mangOH Redはオープンソースのソフトウェアとオープンライセンスによって、顧客が好きなようにデザインをする事が出来るので、ビジネス向きです。何の規制もなく新しい製品を作れるのはとても良いですよ。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
金融サービスにおけるブロックチェーン技術の分析と成功例 世界のIoTに関するレポート公開中