【先週のSNSトレンド】話題のリスト記事まとめ|4月20日金曜日

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。金曜日は話題な「リスト記事」です。

IoTセキュリティに関する6つの神話

IoTデバイスは、それが会社で使われているものであり、家庭で使われているものであり、セキュリティが脆弱なものが多いので、心配の種は尽きません。
Forrester社のMerritt Maximに依れば、1,000名以上の従業員を持つ企業の意思決定者の92%が、自社が使用するIoTデバイスに対するセキュリティポリシーがあると言っていますが、そのセキュリティツールが充分だと考えているのは、そのうちの47%に過ぎません。
IoTデバイスとシステムのセキュリティに関して、一般的に信じられている神話は以下のようなものです。

  • IoTデバイスのハッキングには、特別な才能が必要だ
  • ハッキングは映画やテレビの中だけの出来事だ
  • IoTデバイスにセキュリティを100%施すのは不可能だ
  • デフォルトのユーザーネームとパスワードを変えれば、セキュリティは完了する
  • 会議室で使用するスマートTVにはビルトイン・セキュリティが備わっている
  • IoTデバイスもラップトップやスマホと同じ方法でアップデートできる

話題の元記事はこちら: 6 Myths About IoT Security

AIを使ってIoTとエッジコンピューティングに命を与える9つの方法

AIは、コンピューティングがどこで行われているのか又はデータがどこで収集されるのかに関わりなく、デジタルライフサイクルのどの段階でも投入することが可能です。
IBM、SASなどのテクノロジーリーダが、エッジコンピューティング向けにAIをどのように活用しているかを紹介します。

  • エッジコンピューティングへのAIの導入
  • エッジでのデータ解析
  • マシーントレーニング
  • インターネットコネクション無しでの稼動
  • バックエンドでの活用
  • センチメント解析
  • リアルタイムでの反応
  • カスタマー主導
  • アラートに付加価値を付ける

話題の元記事はこちら: 9 Ways Artificial Intelligence Can Be Used To Bring IoT, Edge Computing To Life

IoTを使って自社製品を競争相手から引き離す10の方法

今では、何でもかんでもインターネットに接続されている時代です。が、既存の製品にIoT機能を付ける際には、先ず、何故それが必要で、それがどう役立ち、自社のビジネスモデルにとって価値あるものなのかを、自らに確認する必要があります。IoTが製品にもたらすものは、

  1. 付加価値
  2. 行動に結びつくデータ
  3. サポート
  4. サブスクリプションモデル
  5. メンテナンスの合理化
  6. 新たな機会の模索
  7. 問題解決
  8. 新市場の開拓
  9. ローリスク
  10. ローコスト

です。

話題の元記事はこちら: 10 Ways IoT Will Make Your Product Stand Out From The Competition | IoT For All

IoTによって時代遅れとなる10の出来事

  1. 現金やカードでの支払い
    モバイルペイに取って代わる
  2. リモコン
  3. CDやDVDなど
    ストリーミングが主流となる
  4. キーボード
    音声入力の開発が進んでいる
  5. 外付けディスク
  6. サービスに従事する従業員
  7. 自家用車
  8. 鋤や鍬
  9. 紙の書類

話題の元記事はこちら: 10 Things That Will Become Obsolete Thanks to the IoT

50億ドルをIoTに投資する5つの方法

先週MSFTが次の4年間の間にIoTに50億ドルの投資を行うという計画を発表しました。
この投資の対象として考えられる分野は以下のようなものです。

  1. セキュリティ
  2. マシーンラーニング及びSQLサーバー向けAI
  3. 拡張型VR
  4. フィジカル・インフラ
  5. IoTスタートアップ

話題の元記事はこちら: 5 Ways to Invest $5 Billion in IoT – CrateDB

世界の自動車用酸素センサー市場は2017〜2021年の間に2.46%のCAGRで成長。今後の市場環境と成長予測 世界のIoTに関するレポート公開中