【動画】QCT1 – IoT development board(開発ボード)

QCT1を使用してCiscoIoTの技術をどのように使っているかをご覧下さい。3つの簡単な手順でLoRaネットワークにセンサーを追加することができます。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

約半年間、LoRaを使い色々な実験を行ってきました。主に、農業の実験を多く行いました。
LoRaは、低電力広範囲ネットワークで、グローバル規模のネットワーク仕様となっています。

LoRaの特徴は、広範囲に対応でき、長いバッテリー寿命、そして規模の拡大に安全に対応出来ることです。

プロジェクトを開始するにあたって、LoRaのモジュールを作ります。独自のLoRaセンサーを作るために、マイクロチップを組み込みました。

独自のモジュールを作るのはとても難しい事です。長い時間、ハードウェアの製作に時間を使いました。
QCT1は、シンプルな開発ボードで、LoRaネットワークのプロトタイプとして使われていました。

Ciscoのエンジニアの手助けによってQCT1は完成しました。ボードには、LoRaモジュールであるRN2483、HC05 Bluetoothが搭載されており、BluetoothはAndroidアプリケーションとの連動をします。
ATMEGA328p Microcontrollerはボードの全ての機能の操作を行います。

ライトセンサーもあり、裏面には、4つの乾電池を入れる場所があります。7つのセンサースロットで好みのセンサーを追加する事も可能です。

センサーはアナログとデジタルの両方のプラグを装着出来るので、ほとんどのセンサーに対応をしています。

センサーをポートマッピングに設定し、周波数はAndroidアプリを使用して設定出来ます。

Androidアプリケーションを使用して、センサーをデバイスからネットワークに設定する事も出来ます。

LoRa対応のゲートウェイが顧客には必要です。例えば、IR900はパケットをネットワーク・サーバーに転送するように設定されています。

LoRaキットはライトセンサー、2つの追加用センサー(湿度&温度センサーと人感センサー)、4つのバッテリー、USBケーブル、アンテナが含まれています。

IoTアプリケーションをたった数分で作動させる事が出来ます。
開発ボードのスイッチを入れ、設定モードにします。開発ボードとAndroidをペアリングし、設定を完了させます。

Androidアプリは、設定が簡単に出来るインターフェスになっています。

それぞれのニーズに合わせ、カスタマイズする事が出来るのでとっても便利です。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
様々な分野で使われるAI。消費者、企業、政府部門の154のユースケースと29の業種における市場予測 世界のIoTに関するレポート公開中