【先週のSNSトレンド】話題の解説記事まとめ|4月19日木曜日

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。木曜日は話題な「解説記事」です。

IoTを使って企業が競争力を保つ為にするべきこと

ビジネスにとって、IoTデバイスの力をレバレッジとすることは、生産性の向上、コスト削減、新たな製品やサービス、新たなビジネスモデルの提供など様々な利点があります。
これを成功裏に行う為には、以下の3点に留意することが必要です。

  1. 先ず小さな一歩から始める
    Forbes Insightの調査に依れば、大企業の65%がIoTプロジェクトを先ず小さなものから始め、仕組みを学んでから大きなプロジェクトに移行したと言うことです。
  2. タイ,ドイツ,M2M,イタリア,ユビキタス,IoT,プラットフォーム,リアルタイム,データ,セキュリティが鍵
    IoTデバイスがもたらし得るリスクを理解し、初期段階から、しっかりとした対策を立てることが必要です。その他、利用者への告知、個々のIDを保護する、暗号化キーを安全に保管する事なども重要です。
  3. 企業によってIoTの形もそれぞれ異なることを理解する
    IoTは大まかに言って、シングス、ゲートウェイ、スマホ、クラウド、企業の5つの要素を持ち、その組み合わせは無限にあります。その企業が目指すところによって、IoTシステムの形のおのずと異なってきます。

話題の元記事はこちら: What must businesses do to stay competitive with IoT?

Industry 4.0とは何か

Industry 4.0とは、伝統的な製造業にテクノロジーが徐々に組み合わされて行く様を総称したものです。これは大規模M2MやIoTなどを含みます。
工場は、益々自動化が進み、機械は自分をモニタリングし、解析もこなし、機械同士や人間との交信を行います。
Industry 4.0は新しいテクノロジーと言うわけではありませんが、10年前には不可能だった結果を達成することが出来る、テクノロジーの進化を活用した新しいアプローチです。ドイツ政府の2013年の発表の中でIndustry 4.0に初めて触れています。ドイツ政府は、このリサーチのために研究機関やビジネス、政府機関に対して、2億ユーロの投資を行っています。
KPMGの最近の調査に依れば、Industry 4.0に関連した市場の規模は2020年までに4兆ドルに達すると予測されています。これは、生産性の向上、コスト削減及びリアルタイムデータの活用に業界がどれ程期待をかけているかを物語っています。

話題の元記事はこちら: What is Industry 4.0? Everything you need to know

LGイタリアの家具メーカーがスマートソファーを製作

韓国のエレクトロニック大手LGとイタリアの家庭用品会社Natuzziが共同でスマートソファを開発しました。
両社は4月17日から開催される、ミラノデザインウィークでこれをお披露目します。ソファに座ってテレビをつけるように指示すると、LG Signature OLED TVのスイッチを入れ、ソファの背もたれと照明を調整します。
次は、ソファに話しかけると、冷蔵庫からビールを持ってきてくれるかもしれません。

話題の元記事はこちら: What a time to be alive: LG and Italian furniture-maker build smart sofa

セルラーIoTとは何か

IoTデバイスのユビキタスな接続性への要求がどんどん強まっている現状で、セルラーネットワークは既存のネットワークインフラを活用して、信頼性が高く安全なIoTサービスを提供することが出来ます。現在人と人をつないでいるのはセルラーネットワークですが、これをモノとモノをつなぐことに活用するのです。
2G、3G、4Gなどのセルラーは電力を大量に使用する為、少量のデータがたまにやり取りされるようなアプリには向きません。セルラーIoTはこのようなアプリに対応する為に考えられたものです。セルラーIoTは既存のインフラを活用する為、追加費用はあまりかかりません。
セルラーコネクティビティの利点は

  • 既存のインフラを活用することで、ほとんどどこでもカバーする
  • LETスタンダードの仕組みにより、同時に多数のデバイスを操作することが可能
  • 現状送信量などの規制がない
  • セキュリティの度合いが高い

などです。

話題の元記事はこちら: What is Cellular IoT?

IoTを取り入れることで企業に起きる変化

IoTを取り入れることで、企業には様々な変化が訪れます。組織の姿、企業文化、組織自体のインテリジェンス、データ・センシティビティなどが課題として挙げられます。
これらの課題をあらかじめ知っておくことで、それらをクリアしてより精度の高いIoTシステムを作り上げることが出来ます。
IoT導入の為の効果的な手順として、以下の4点があげられます。

  • ビジネスモデルの定義
  • 最優先事項の定義
  • 必要不可欠な、鍵となるテクノロジーを備える
  • どの様なIoT環境を作るかの明確化

この上で、企業の目的に対して最適なプラットフォームとテクノロジーを選定しますが、その際には、将来規模を拡大する場合の準備、セキュリティなども考慮することが重要です。

話題の元記事はこちら: What challenges Enterprises may face while adopting IoT

世界のLTE&5G市場 – 2021年までのデータと予測 世界のIoTに関するレポート公開中